« 対中国への警戒(抗議デモ) | トップページ | 消費税のカラクリ! »

駐ロ大使召還問題

http://www.amakiblog.com/archives/2010/11/07/#001733

 天木直人氏は大使経験者だけあって事態の裏側をよく知って書いています。実は、海外ニュース解説を積極的に流している田中宇氏も同じ様に見ています。

 この記事は有料配信の為、詳しい内容は書けませんが、大切なのは中国尖閣諸島漁船衝突事件と国後島へのロシア・メドベージェフ大統領の訪問は繋がっている、という事を理解する事です。外交問題はひとつの国だけに拘っていては方向を誤ります。

 話は変わりますが、昨日アメリカのオバマ大統領は一連のアジア歴訪の最初の目的地インドに入りました。そして驚いた事はその同行団員の数です。何と噂ではアメリカ政府の重要なメンバーがほとんど含まれるという総勢3000人に達するらしいです。これは一体何のためでしょうか。大統領はこの後、インドネシア等を経て13日に日本の横浜に入ります。その時このメンバーも同行するのかどうか。あくまでも噂ですから事実は不明です。

 いま、世界情勢は大きく動いているのは確かです。我々は日本のマスコミ報道だけに囚われることなく、目を大きく見開いて注意深く世界情勢を見ている必要があります。

※河野駐ロ大使は本日午後(7日)モスクワに向けて出発し、帰任したそうです。その事に合わせて、こういう記事も出ています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101105-00000005-xinhua-int

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000026-jij-pol

|

« 対中国への警戒(抗議デモ) | トップページ | 消費税のカラクリ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37565619

この記事へのトラックバック一覧です: 駐ロ大使召還問題:

« 対中国への警戒(抗議デモ) | トップページ | 消費税のカラクリ! »