« 米カリフォルニア州はマリファナ合法化法案を否決 | トップページ | アメリカ中間選挙の結果、民主主義の限界 »

フッ素化合物の添加は脳の松香体の機能を阻害するため

http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2010-11-03-1

 今日の最後になって重要な情報が入ってきました。歯磨き粉等に添加されているフッ素化合物です。これは有毒である、と以前から指摘されてきました。

 私は、フッ素入りは言うに及ばず、アスパルテームやその他の人工甘味料も使いません。そのフッ素が特に脳の松香体に重大な毒性がある、というのです。

 私は歯を磨く時、何も使わずただ電動歯ブラシだけで磨いています。それを20数年続けて来て何の問題もないばかりか、歯はいたって丈夫で、虫歯が上の歯に二本あるだけです。この二本の歯も歯医者の誤診によって穴を強制的に空けられ、アマルガムを詰められました。それから何年かしてそのアマルガムを取り除く治療をやって貰いました。もちろん別の信頼のおける歯医者でです。

|

« 米カリフォルニア州はマリファナ合法化法案を否決 | トップページ | アメリカ中間選挙の結果、民主主義の限界 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37519007

この記事へのトラックバック一覧です: フッ素化合物の添加は脳の松香体の機能を阻害するため:

« 米カリフォルニア州はマリファナ合法化法案を否決 | トップページ | アメリカ中間選挙の結果、民主主義の限界 »