« イラン、中国戦闘機に領空を開放 | トップページ | 東京第5検察審査会の起訴議決文について »

小沢氏強制起訴決定を発表したタイミングは解せない=国民新党亀井代表

http://news.livedoor.com/article/detail/5052461/

 いまネットではこの話題でもちきりです。小沢氏抜きの民主党、自民党、公明党は大連立構想まで噂されています。

 民主党のみならず、自民党も公明党もよほど小沢氏が嫌いと見えます。しかし、先の民主党代表選投票日に既に議決が出ていたというし、それをなぜ昨日まで発表を伸ばしていたのか。まして、なぜ代表選当日に議決が行われなければならなかったのか。

 その議決内容は欺瞞に満ちたものだ、と一部の識者は語っています。議決を行った検察審査会の人達の人選や選任手続きはどうであったのか。何と議決した人の平均年齢は30歳少しだと言います。また、大メディアはこぞって小沢氏に社説欄で離党や政界引退まで勧告しています。社説と言えばその新聞を代表する論説欄です。まだクロと決まってはおらず、犯罪を犯したと見られる根拠も希薄かつ薄弱にも関わらず、です。大新聞が社会の木鐸ではないと言われ出した理由はここらへんにもあります。

 厚生労働省の村木元局長が冤罪だったとして無罪が確定し、検察関係者が3人も逮捕されてまだ何日も経っていない時期なのです。その上で、こういう内容がマスメディアに堂々と登場するのはおかしいとは思わないのでしょうか。

 これは、普通の感覚を持った人なら誰でもおかしいと思わざるを得ない内容です。起訴をされた事がそれほど重大な事なら、この世界に裁判など必要ない事になります。起訴をされた事はこれから、裁判所の審理の過程を経て有罪か無罪かを決定する訳で、起訴を以て政界引退や離党を勧告するなど明らかに行き過ぎです。

 こういう事を天下の大メディアが臆面もなく社説で表明するところがいかにも日本的であり、偏向している言われる所以です。今の日本のマスメディアは腐っています。私が敢えて日本的だと言ったのは、こうして皆で寄ってたかって弱みを少しでも見せた人物に対して、嬲り者のように見せしめにする事です。これは子どもの陰湿なイジメと少しも変わりません。

|

« イラン、中国戦闘機に領空を開放 | トップページ | 東京第5検察審査会の起訴議決文について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつも記事を読ませていただいております。
ありがとうございます。

まったく胡散臭い事ばかりの世の中になってしまいました。


悪党の手先は最後にはゴミのように捨てられると相場は決まっています。マスゴミっていうぐらいですからね~


頭が悪いです。たかだか100年ぐらいしか生きられないのに…


その後の永遠に生きる魂の事を考えると、相当な遠回りだし、苦労をする事が分かっていない。


しかし、そろそろ気づかないと…


本当のB層はマスゴミや悪党の手先達です。


しかし、もう夜明けが近いと思います。

投稿: とうりすがりのオヤジ | 2010年10月 5日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37088541

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏強制起訴決定を発表したタイミングは解せない=国民新党亀井代表:

« イラン、中国戦闘機に領空を開放 | トップページ | 東京第5検察審査会の起訴議決文について »