« 最大の核被爆国中国の核実験 | トップページ | 菅内閣の為替介入はアメリカへの資金贈与である! »

デイビッド・ロックフェラーが窮地に追い込まれている

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/0965d756e5a0652c9404a5806dbdcbc4

 デイビッド・ロックフェラーと言えば、日米欧三極委員会の創立者であり、闇の権力の一方の旗頭であることで有名でした。中丸薫氏は著書の中で度々触れており、何度も彼にインタビューした経験上の事を書いています。また、オバマ大統領の当初の後援者としても知られています。

 その、デイビッド・ロックフェラーが寄る歳なみと、関係する企業のほとんど(エクソンやAIG)が経営不振で極端に窮地に追い込まれている、というのです。この記事の筆者はマスメディアを中心にして情報収集を行っており、それだけ一般に知られている、という事です。

 今日は詳しい事は書く余裕がありませんが、イルミナティの没落と軌道を一にしている様な気がしています。もはや、再起は不能かも知れません。

|

« 最大の核被爆国中国の核実験 | トップページ | 菅内閣の為替介入はアメリカへの資金贈与である! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37045480

この記事へのトラックバック一覧です: デイビッド・ロックフェラーが窮地に追い込まれている:

« 最大の核被爆国中国の核実験 | トップページ | 菅内閣の為替介入はアメリカへの資金贈与である! »