« 非ユダヤ人はユダヤ人に仕えよ | トップページ | 北朝鮮の実態 »

この混沌、狂気じみた混沌は何時になったら終わるのか

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/10/post_5b57.html

 このブログに取り上げられた、発言者の意見は尤もです。何時になったら終わるのか? という気持ちも解ります。しかも、善と悪が争ったら大概は悪が勝つ、というのも頷けます。

 しかし、諦めるのはまだ早い! このドン詰まりの世界は行くところまで行くのでしょう。しかし、行くところまで行って、最後の最後に大どんでん返しが起きる可能性もあるのです。善と悪の戦い。それは二元性の時代にはつきものです。しかし、時代はいま、その二元性をも卒業しようとしているのです。

 右か左か。生きるか死ぬか。それが問題だと言ったにはかのシェークスピアでしたが、人間の行く道はそれだけではありません。悪には悪の役割があり、今まではそれが勝ってきたのです。それは立派に役割を果たしてきたのです。

 これからは、善も悪もありません。戦争をして戦いを続けていく時代は終わったのです。何時それがはっきりするか、だけの時代に突入しつつあるのです。

 まだ、善か悪か、と言っている人は確かに居ます。しかし、もうそんな時代は終わりつつあるのです。いや、終わりになったのです。すぐそこにその瞬間がやってきています。何も諦める必要はありません。

 いま時代のパラダイムは大転換しようとしています。このパラダイムの転換は今まで人類が一度も体験した事がないのです。ですから、誰にもその結末の予想はつきません。そういう意味で、すべてを諦めるのはまだ早いのです。

 そうです。この発言者こそ諦めてはいません。まだまだ道は続く、と言っている事がその事を表しています。

|

« 非ユダヤ人はユダヤ人に仕えよ | トップページ | 北朝鮮の実態 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37334469

この記事へのトラックバック一覧です: この混沌、狂気じみた混沌は何時になったら終わるのか:

« 非ユダヤ人はユダヤ人に仕えよ | トップページ | 北朝鮮の実態 »