« 自民党に明日はない! | トップページ | アメリカ中間層が岩が崩れ落ちるように崩壊している! »

これは実質ケムトレイルの事ですナ

http://quasimoto.exblog.jp/13405153/

 このブログの筆者、井口和基氏は物理学者のようです。それに英文も自在に読みこなしているようです。言わば、私のように浅学非才の身ではなく、知性と教養を備えています。

 しかし、世の中にはそうであるが故にケムトレイルや気象操作などあり得ない、と言っている人が有名な知識人に多いのです。誰とは言いません。ブログで活躍し、それなりに影響力のある人にもいます。まぁ、人の意見というものはある意味で自由であるべきで、そこに枠をはめるべきではありませんが、最後にはそう言った手前の責任は取るのが筋ではあります。

 翻って言えば、今の日本は勝手な事を言っても誰も責任は取りません。それが日本を象徴しています。政治家や宗教家がその典型であり、その意味では日本は乱れに乱れています。いまや何を信じて良いか解らないほどです。

|

« 自民党に明日はない! | トップページ | アメリカ中間層が岩が崩れ落ちるように崩壊している! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

オバマ政権下初の臨界前核実験 「安全性を検証」
 【ワシントン=犬塚陽介】米政府が9月15日に通算24回目となる臨界前核実験をネバダ州の地下核実験場で実施していた問題で、反核団体などが、核軍縮に向けた国際的な取り組みに逆行すると批判する可能性が出ている。実験は2006年8月30日以来で、「核なき世界」を掲げるオバマ政権下では初めて。米エネルギー省傘下の国家核安全保障局(NNSA)の発表によると、実験は米国が保有する「核兵器の安全性と有効性の維持」が目的。ロスアラモス国立研究所が担当し、地下約300メートルの実験室で行われ、成功だったという。
 オバマ政権は核軍縮に積極的に取り組む一方で、他国が核兵器を保有する限り、米国の核戦力を保持する姿勢を示している。臨界前核実験は、核爆発を伴わない核実験のひとつ。製造から時間が経過した核兵器が性能を維持できているかを確かめるため必要とされる。プルトニウムが連鎖反応を起こして核分裂が生じ、熱を発する直前に実験を停止し、実験データからプルトニウムの劣化状況などを検証する。
 米国は包括的核実験禁止条約(CTBT)を批准していない。オバマ大統領は早期批准の方伴わない核実験はCTBTに抵触しないとしている。
(産経新聞 10/13 16:03)

投稿: SAN | 2010年10月13日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37214173

この記事へのトラックバック一覧です: これは実質ケムトレイルの事ですナ:

» 核兵器 のこと [核兵器]
今日は最近の個人的に話題の核兵器について語ります。私の周りでは核兵器について話す機会が多く、皆さんそれなりのマニアになっています。そんなことで私もインターネットで核兵器について調査してみることにしました。3代世襲と核...「キム・ジョンウン、核兵器に執着を見せるはず ...後継者キム・ジョンウンの軍権力掌握が今後、北朝鮮の核問題の行方に、どのような変化をもたらす事になるのか注目される。キム・ジョンウンは党代表者会(28日)で、中央軍事委員会の副委員長に名を上げた。前日、「人民軍大将」の軍事称号も授与... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 13時20分

» 核兵器ブログ 今日の10選 [核兵器]
最近の核兵器に関するブログを見ていると、皆さん非常に関心があるんだなぁって感じます。ヤフーの検索数もかなりあるみたいです。そんなことで私が探したブログをリンク張っておきます。皆さん参考に・・・・オバマ核兵器削減せずの告知どおり未臨界核実験 - 色々言いたいこと ...色んなネタをランダムにつづります。宣伝のみのコメントは問答無用で削除に方針変えました。(軍事自衛隊雑学)... 米国の臨界核実験のニュースについて考える: ONION21 Kyodo News Blog上で、「臨界核実験は貯蔵する核兵... [続きを読む]

受信: 2010年10月15日 (金) 13時16分

« 自民党に明日はない! | トップページ | アメリカ中間層が岩が崩れ落ちるように崩壊している! »