« 上海万博 | トップページ | 公表しないなら私が検事を辞めてでも公表します! »

アメリカの政権幹部が逃げ出している

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3027244.html

 私はネバダのこの記事を否定したり、批判したりはしません。むしろこういう見方が日本では普通だと思うからです。

 日本の多くのブロガーたちはマスメディアを批判していますが、その実、マスメディアに影響を受けているのです。ネバダといえども例外ではありません。

 しかし、アメリカでは少し事情が違います。オバマに対するものの見方も日本におけるようにマスメディアに影響を受けていないのです。これはマスメディアに対する信頼度が日本とはまったく異なるからです。

 オバマはいま中間選挙に向けて選挙対策を行っているかに見えますが実はそれだけではありません。国内に存在するある勢力と熾烈な戦いを行っているのです。

 アメリカのネット情報では反ユダヤと反反ユダヤと表現されていますが、それだけでなく、デイビッド・ロックフェラーを代表とするイルミナティとも戦っている、と噂されています。近くその形勢がはっきりするのではないかと言われているのです。

 今回の政府幹部の解任等の人事もその現れではないかと見る向きもあります。

 しかし、日本ではネバダの見方の方が一般的です。それは、日本ではマスメディアが偏向報道を繰り返しているとは言っても、他の情報も流していないからです。つまり、ある意味でマスメディアに逆に影響されています。

 オバマは政権幹部を11月に世界各地を含めて本国やワシントンに呼び戻していると言われています。つまり、大幅な人事異動を行う考えのようです。

 それは、何が目的なのか。これこそオバマ政権の本当の動きを知る手掛かりになります。決して、政権幹部が逃げ出している訳ではない、と私は見ています。

 そして、ある、動きが表面化する兆しがありますが、それが何なのかまだはっきりとはしていません。それは近いうちに具体化するでしょう。

|

« 上海万博 | トップページ | 公表しないなら私が検事を辞めてでも公表します! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37152050

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの政権幹部が逃げ出している:

« 上海万博 | トップページ | 公表しないなら私が検事を辞めてでも公表します! »