« 日本政府が核兵器の保有を1960年代後半に検討していた! | トップページ | 尖閣諸島問題、やはりアメリカが後ろで糸を引いていた! 日中戦争も時間の問題か »

民主党代表選の不正疑惑!

http://news.livedoor.com/article/detail/5049980/

 これを今更取上げても、過去がひっくり返る訳ではありません。しかし、代表に再選された菅内閣のその後のやり方を見ていると、どうも政治に不向きな言わば無能内閣の感が強くします。

 我々は本当に菅内閣を支持し、再選させたのかというと、今の議院内閣制では国民は直接総理大臣を選ぶ訳には行きません。その問題点は、第一党の代表選挙を通じて選ぶしかなく、そこに不正の余地が入り込む事がある訳です。」

 植草氏はその事をブログで再三にわたって指摘しました。その総決算が今回の有料メールマガジンに集約されている所以です。

 何度も言うようですが、わが国は議院内閣制ですから、我々は直接総理大臣を選べません。そこに党利党略だけでなく、今回のようにマスメディアや米国の干渉も入り得る訳です。その事を噛みしめ、小沢批判のネガティヴキャンペーンや沖縄f普天間基地問題、米国の財政危機救済がなぜ日本の総理大臣選出に大きな役割を果たし得るのかをよく考えて見る必要があります。

|

« 日本政府が核兵器の保有を1960年代後半に検討していた! | トップページ | 尖閣諸島問題、やはりアメリカが後ろで糸を引いていた! 日中戦争も時間の問題か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37069902

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選の不正疑惑!:

« 日本政府が核兵器の保有を1960年代後半に検討していた! | トップページ | 尖閣諸島問題、やはりアメリカが後ろで糸を引いていた! 日中戦争も時間の問題か »