« これは酷い! 激変(悪化)した地方経済 | トップページ | 最後の大どんでん返し? »

ロシアとトルコによる中東政策

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/439/

 ビロビジャンという地前を見て、ハッと思い出しました。ビロビジャンはユダヤ(アシュケナージ・ユダヤ)と関係が深いのです。ビロビジャン自治国はこのような歴史的背景を持っています。

 そういう意味では、グルジアとも人種的に近いのですが、グルジアはサーカシュビリによってアメリカの手先(ジョージ・ソロス)となってロシアと戦争を始めました。そういう意味ではこの地域は地政学的に大変複雑な要素を持っています。

 この地域は非常に複雑な問題を抱えており、トルコのケマル・アタテュルクはユダヤ人であったとも言われております。私もこの問題を論じるとき、もう少し歴史的背景を勉強し直す必要があると思っています。

 いずれにしても、ロシアにもアシュケナージ・ユダヤ人が多数生活しており、ある意味では、アメリカに居るイスラエル・ロビーのほとんどはこれらの人達が先祖なのです。

|

« これは酷い! 激変(悪化)した地方経済 | トップページ | 最後の大どんでん返し? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=udWpKviokys&feature=related
私は戦争反対ですが、気になるので貼り付けます。

投稿: ポノ | 2010年10月 3日 (日) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37054187

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアとトルコによる中東政策:

« これは酷い! 激変(悪化)した地方経済 | トップページ | 最後の大どんでん返し? »