« 民主党代表選、小沢氏出馬へ! | トップページ | 混乱状態の中国メディア »

米軍の戦闘作戦終了、イラク撤退、残り5万人を残すのみ

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010081902000201.html

 これは日本のマスメディアが伝える情報です。ですから、まだ撤退後の不安を煽っています。しかし、何にしても一応はイラクからの撤退は完了し、残りは5万人の兵士のみです。

 この撤退の映像を伝えるレポーターの表情が実に爽やかなのが印象的でした。戦争が終わって、これから祖国に帰れるという安ど感。これは何ものにも代え難い思いでしょう。勝ったか負けたかは兵士には何の関係もないのです。

 こんな風景が、今後何カ月かしたら、世界各地で見られるかも知れません。その時、今日のマスメディアの新聞論調のように不安を書く記者もいますが、本当は平和の尊さ、戦争の無益さを心に残している筈です。そうでないと、この撤退のニュースレポーターのように晴れやかで明るい顔は出来ない筈です。彼らもやはり心の底では戦争、特にイラク戦争のような一方的な戦闘行為には心底嫌悪感を持っていたのです。

 いずれにしても、これは良い事です。戦争はいますぐ全世界で停止し、平和を実現しなければなりません。戦争が終了すれば兵士は武装解除されます。一部にはそれが不安な人もいるのですが、その時こそNESARAの公布の潮時であり、本当のNESARAの意味=目的が理解される時です。

|

« 民主党代表選、小沢氏出馬へ! | トップページ | 混乱状態の中国メディア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まだイラン、イスラエル間の問題は、くすぶり続けています。更なる、経済危機で世界がどうなるか予断を許せません。
楽観視するのは、まだ早いと思います。

投稿: | 2010年8月19日 (木) 23時53分

コメント失礼致します。

イラクからの撤兵ですが、兵器の実験や石油利権の脅しによる確保?のために
100万人以上の命を追いやり、どの面下げて?なんでしょうかしらね。
指令する方は「俺がじかにやるわけではない」、
指令される方は「俺が決めたことじゃない」
・・ということで、悪さのし放題です。
いやしかし、
考えられないような幼児ばかりが権力の座に這い這い登るようになっては、
いくらなんでも母なる地球も怒りで震えているのではないかと。
天にあるべきものと地にあるべきものが今逆転している、
・・・それが気になるところです。

投稿: まいたか | 2010年8月19日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/36249507

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍の戦闘作戦終了、イラク撤退、残り5万人を残すのみ:

« 民主党代表選、小沢氏出馬へ! | トップページ | 混乱状態の中国メディア »