« 終戦の日に寄せて | トップページ | 世界同時経済恐慌の恐れ »

主権在米菅政権では政権交代の意味がない?

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-15d1.html

 私はこの植草氏の意見には同意できかねます。今の民主党には自民党以上に対米従属議員が存在します。むしろ日本の独自外交、対米自主路線を主張する民主党議員は少数派です。

 自民党にも対米従属議員が多数いましたが、中身が多少違います。最近闇の勢力と言われたロックフェラー一族の内部抗争が表面化し、ジェイ・ロックフェラーが実権を握ったとも言われています。単純に対米従属と言っても中身が異なるのです。しかし、中身が変わっても対米従属そのものは変わりません。

 日本は根本的にそこから脱却する必要があるのです。単にデイビッドからジェイ・ロックフェラーに変わるだけでは闇の権力構造から脱却したとは言えません。

 日本の独自外交路線、普天間基地問題もそこから変えなければ意味がありません。それには今の自民党も民主党も同じであり、変わりようがありません。問題の根本的解決は既成の政治家では不可能かも知れないのです。

|

« 終戦の日に寄せて | トップページ | 世界同時経済恐慌の恐れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/36176944

この記事へのトラックバック一覧です: 主権在米菅政権では政権交代の意味がない?:

« 終戦の日に寄せて | トップページ | 世界同時経済恐慌の恐れ »