« 消費税を考える | トップページ | 世界はメチャクチャ! »

パキスタンとアメリカの真実の姿

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/411/

 アメリカでは、与党民主党の支持率が低下し、中間選挙では逆転が予想されています。また、それに連れて、オバマ大統領の支持率も低下しており、このままでは再選は難しいと見られています。

 それに、アフガニスタン情勢ではオランダが撤退を決めたと言われています。オバマ大統領といえども、このまま徐々に不利な情勢が積み重なって行く中東での戦闘行為を継続して行くのは不可能なように見えます。

 イラクやアフガニスタンでは、米軍やパキスタン正規軍の違反行為が日常茶飯的に暴露され続けているのです。これではアメリカ国内の厭戦気分やオバマ支持率に影響があるのは無理もありません。

 しかし、逆な見方をすると、オバマ大統領はそうしておいて何時かの時点で和平を模索する機会を狙っているのかもしれません。

|

« 消費税を考える | トップページ | 世界はメチャクチャ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35984489

この記事へのトラックバック一覧です: パキスタンとアメリカの真実の姿:

« 消費税を考える | トップページ | 世界はメチャクチャ! »