« 参議院選・与党大幅な過半数割れへ! | トップページ | 国民新党、民主党との会派解消 »

民主党惨敗の原因と今後の政権の動向

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-6593.html

 民主党が惨敗しました。この原因はここに貼り付けた植草一秀氏のブログ記事にすべて記されています。菅氏は辞任せざるを得ません。それは過去に自民党で安倍内閣が参院選で惨敗し、辞任を拒んだ状況にそっくりです。結局辞任は免れないでしょうし、遅くとも9月の代表選までには結論が出る筈です。

 民主党は衆議院で圧倒的多数を得ています。その選挙からまだまる一年を経過していないのです。自民党は解散を要求して来るでしょうが、党利党略から判断するなら解散は自滅に繋がります。そこで、次善の策として惨敗の責任を取って党首が辞任するしかないのです。それが自然の流れです。

 誰が次の代表になるかは分かりません。しかし、少なくとも民主党の分裂は無くなりました。それは、小沢氏の選挙戦術が植草氏も指摘しているように部分的にしろ正しかったからです。今後の民主党の代表は言うまでも無く小沢氏の意見を取り入れて体制を立て直し、来るべき数年後の衆議院選に臨むでしょう。その意味でも、今分裂するのは民主党の自滅行為に繋がります。9月の代表選挙には小沢氏のグループが一定の勢いを持ち、党内勢力を盛り返すでしょう。

 ただ、日本全体の政治のあり方は大変難しくなりました。消費税だけではありません。沖縄普天間基地問題、財務省、防衛省、外務省などの官僚組織、デフレ脱却と雇用問題、海外との外交交渉など様々な問題が喫緊の課題になるからです。

 それよりも、世界的にパラダイムの大転換が起きつつあります。これに日本はどう対処して行くのか。国内問題だけにかまけている訳には行きません。危機は依然として継続して存在するのです。

|

« 参議院選・与党大幅な過半数割れへ! | トップページ | 国民新党、民主党との会派解消 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、お元気でご活躍のご様子何よりです。

お天気も大荒れ、政治も大荒れ先行き不透明、日本はますます国際的な信用、信頼低下は避けられないですね。
にもかかわらず民主は新しいグループがどうのこうのと、この日本は市井の庶民こそが危機を正確に感じとっているようですね。
つまらない縄張り争いをしてる間に「神国日本」は取り残され、政治家の皆さんは精神的鎖国状態に陥っているのかもしれませんね。まさに「島国日本」です。

転じて世界に目を向けた時、イエメンのある狭小の一部地域でどうして日本を含め世界の主たる(?)国々が集結してるのか。
その真実をマスコミはなぜ報道しないのでしょうか。

明日から穏やかな良いお天気になりますように。

投稿: ソラリア | 2010年7月12日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35722957

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党惨敗の原因と今後の政権の動向:

« 参議院選・与党大幅な過半数割れへ! | トップページ | 国民新党、民主党との会派解消 »