« 辻元清美議員が社民党を離党! | トップページ | 中国経済がおかしくなっている »

イラン、100隻の高速艇で米艦船を攻撃

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/409/

 こういう風に表現してはいますが、イランには攻撃する意図はありません。攻撃すればドロ沼の戦闘に入るのは分かり切っており、それはオバマのアメリカも同様です。攻撃をしたがっているのはイスラエルとアメリカのネオコン等の軍産複合体です。

 前ブッシュ大統領ならいざ知らず、オバマにはこれ以上地球上で戦争を拡大する意図はなく、むしろ何時世界中で平和が実現できるのか、国内の戦争推進派との綱引きに苦心しているのです。もちろん、こんな事はおくびにも出してはいません。

 アメリカはいまだ軍産複合体が健在であり、また経済も常に何処かで戦争を起こしていないともたない体制になってしまっているのです。いわば戦争中毒です。オバマは国内では少数派です。いくら頑張って平和を祈念しても、国の体制が変わらない事には身動きが取れないのです。

 日本の政治家もそれ位の判断力があれば、オバマに嫌われなくても済んだ筈です。まさに、沖縄普天間問題は、オバマ大統領にとってあちら立てればこちらがたたない二律背反の問題なのです。

|

« 辻元清美議員が社民党を離党! | トップページ | 中国経済がおかしくなっている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

普天間問題

米軍基地の重要性について
ロシアが北方領土を狙ってるので、米軍基地が移転すると
攻めてくるかもしれません。

実際に軍事演習してましたよね。

オバマ大統領はそれを知った上で移転拒んでるんだと推測します。

投稿: BC | 2010年7月28日 (水) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35921022

この記事へのトラックバック一覧です: イラン、100隻の高速艇で米艦船を攻撃:

« 辻元清美議員が社民党を離党! | トップページ | 中国経済がおかしくなっている »