« この土・日に実施される世論調査が最も現状分析に近い | トップページ | アメリカの核の傘? »

メキシコ湾原油流出事故の真の原因

http://kikuchiyumi.blogspot.com/2010/07/bp.html

 メキシコ湾の原油流出事故の詳細については、日本のマスメディアでもほとんど報道されていません。これほど重大かつ悲惨な事故なのに不可解です。個人が運営するブログなどでは、興味ある人が情報を流している位です。しかし、個人でできる事は限度があります。

 ある情報によると、オバマ大統領自身が情報を制限している、とも言われていますが詳細は不明です。また、大統領は世界の13の国からの支援も拒んでいると言われています。

 この事故は実に不可解な事故です。一体なぜこんな事故が起きたのか。ただ、一つだけ言える事は、人類にとって石油は不可欠なものではなく、早急に脱化石燃料、石油依存を改めない限りこのような事故はこれからも起り得る、という事です。

 一体、石油とは何なのでしょうか。この根本の疑問さえ問われていないのが現状です。石油は地球にとって血液とも言える物質で、人類が勝手に掘り出して使用する事は出来ないものなのです。

 この代替物質はあるのか。そうです。あるのです。それは、麻、という植物です。麻は年3回収穫でき、麻から造れないものはない、とも言われています。ただ一つ、麻の欠点は麻薬成分を含むマリファナなのですが、この話は大いにでっち上げられたものなのです。マリファナは麻薬ではありません。しかし、世界の多くの国では栽培する事も医療に使用する事も禁止されている第一級の麻薬に指定されています。

 どうもここら辺から話しが怪しくなっているのです。麻を栽培するにはほとんど農薬は必要ありません。世界中どこででも栽培できるのです。この事実こそが、逆に世界中で禁止植物に指定される根拠となっているのです。

 麻の話は、このブログでも度々取上げて来ました。今度のメキシコ湾の原油流出事故を見るにつけ、この事が世界の石油メジャーにとってどれほど重大な事なのかを思い知らされます。

 直ちに石油の使用を止めようではありませんか。そうしようと思えばできる事なのです。

 話しを元に戻します。今度のメキシコ湾での原油流出事故は、地球自身からの警告のような気がします。既に人間業では解決不能です。そして、もし解決できるのなら、人類が石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料の使用を本気で止める事が条件になっている様な気がします。

 燃料、エネルギー源としての石油の代替は、既にフリーエネルギー技術が存在するのですが、数々の石油メジャーの妨害によってその技術は隠蔽されて来たのです。その技術を今こそ公開すべきです。そうしてこそ初めて脱化石燃料が可能になるのです。人類の新しい未来はすぐそこまで来ています。

|

« この土・日に実施される世論調査が最も現状分析に近い | トップページ | アメリカの核の傘? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

武山さんいつも拝見させて戴きありがとうございます。

この国はどうなっているのでしょうか

やはり横田に頭が上がらないみたいですね
紅海でも原油事故があるのに相撲の博打ばかりで マスコミ達の機密費問題をもっとハッキリさせろ

と思います。

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/?mode=m&no=998&photo=true&cr=7caea1be7f9126f18470f3dd8a8609cd

投稿: | 2010年7月 3日 (土) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35622054

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ湾原油流出事故の真の原因:

« この土・日に実施される世論調査が最も現状分析に近い | トップページ | アメリカの核の傘? »