« 今後の政局について | トップページ | 鳩山氏は次の衆議院選には出馬せず、とすると小沢氏も出ない可能性が高い »

小数ながら衆議院を解散すべき、という声もある

 メディアの中には衆議院も解散すべきではないか、という声もあるようです。しかし、現実問題として現時点で多数を占めている政権与党が、いきなり解散という手法は取り難いでしょう。

 ですから、私はあり得ない話しではありますが、暫定的に亀井静香氏=国民新党党首を衆議院の首班に押し、民主党は党勢を立て直してから政権を復活しても良い、と論じたのです。もちろんこれは実現不可能な話しであり、議論さえされないでしょうが…。

 しかし、最近の政界はあり得ない話しが次々と現実化しています。ひょっとして、瓢箪から駒が出る、かも知れません。弱小ブロガーとしては、これくらい論じても問題は起こりますまい。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20100602/20100602-00000029-jnn-pol.html

|

« 今後の政局について | トップページ | 鳩山氏は次の衆議院選には出馬せず、とすると小沢氏も出ない可能性が高い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

結局は本当の真実は闇の中ですね。

今のところまだまだ自己虫だらけで格差社会
世界の金融崩壊も近いでしょう株式なんて物は博打ですし一獲千金なんてありゃしない
これからは自給自足で物々交換、家も無くなりあなぐら生活に成りそうですね

後はシナリオ通り戦争、疫病、饑餓で人口削減真暗闇ですね

その後に光が輝いて来るでしょうね

報恩感謝、『先祖供養、親に孝養』恩に報い有り難いと思う事と恩返し
利他愛と大自然の恵みに心から感謝

投稿: | 2010年6月 2日 (水) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35014137

この記事へのトラックバック一覧です: 小数ながら衆議院を解散すべき、という声もある:

« 今後の政局について | トップページ | 鳩山氏は次の衆議院選には出馬せず、とすると小沢氏も出ない可能性が高い »