« もはや待てない! 中国新世代農民工のストライキ | トップページ | 防衛費や米軍への支出は消費税増税分が充てられる »

俄かに現実味を帯びてきた徴兵制導入!

http://alcyone.seesaa.net/article/154647872.html

 菅内閣は徴兵制導入に向けて舵を切りつつある、と一部のブログで書き始めています。しかし、ほとんどの人は、そんな事は現実味がない、とタカをくくっているようです。

 しかし、そんな事はありません。現に民主党では参院選後憲法調査会を立ち上げると明言しています。それと、噂では民主党と自民党との大連立も視野に入っているようです。こうなると、どう足掻いても、その流れを阻止できそうもありません。

 当然の事ながら、徴兵制導入には、その前に憲法改正が必要です。それも、民主党と自民党との連立が実現すれば圧倒的多数により憲法改正は可能です。まさか国民運動をリードしてきた菅氏がそれをやるとは思ってもみませんでした。彼は改憲に絶対反対していた市川房枝氏の薫陶を受けて政治家のスタートを切っていたからです。

 ですが、人は時の経過とともに変化するものです。多分、菅氏も長年の政治家生活で、ものの考え方を変えてきたのでしょう。

 ここで、重要な事はいまさら世界で戦争を肯定する事は時代の趨勢に反する事です。いま、世界は圧倒的に平和希求であり、戦争をこの地上から無くそうと努力している最中なのです。

 この根底には、二元性からの脱却があります。二元性のままでは地球は生き残れないのです。

 話しは変わりますが、いま相撲協会が揺れています。相撲というのは勝つか負けるか、の二つしかありません。いわゆる勝負です。そこに博打性が入り込むのは当然なのです。博打とは勝つか負けるかのゲームです。

 しかしこれは極めて次元の低い、波動の低いスポーツです。それで喜ぶ人も多いでしょうが、そこに博打が入り込むのは自然の流れです。いま、地球の波動が猛烈な勢いで上昇しています。ですから、当然相撲に存在していた博打性も否定される動きになるのです。それが良いという人は、次元上昇には付いて行けません。

 世界は、というより、地球は来るべき次元上昇に向けて早急な準備を進めています。これを感じ取っている人は非常に少ないのですが、確かな動きとして定着しつつあります。

 戦争も、勝った、負けた、の典型的な二元性です。地球はこれから猛烈な波動の上昇期を迎え、それに適応できない人々は乗り遅れる可能性があります。今さら戦争のための徴兵制などナンセンスです。皆さん、時計の針を逆に廻すような愚かな行為は止めましょう。戦争が無益な行為である事は歴史が教えています。

|

« もはや待てない! 中国新世代農民工のストライキ | トップページ | 防衛費や米軍への支出は消費税増税分が充てられる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。奴隷です。aries
徴兵制になぜするのでしょう。日本を攻めてくる国はいませんよ。
それとも、アメリカの手先となって(米国では、自国民が戦死をすると国民が騒ぎ国を運営しにくくなるので、属国の日本人に戦争の最前列に置き、)戦争をするつもりでしょうか。フザケルナ。
戦争をしたければ自分が最前列に行って戦争をしろ。
戦争は、非常に儲けるので、ユダ金の連中が、20世紀の戦争全部に絡んで
敵見方、両方に金を貸し、儲けていたのです。
選挙絶対民主党を過半数割れ持っていこう。とりあえず、カメちゃんの国民新党に一票を。 奴隷は思います。

投稿: 茅壁優治 | 2010年6月28日 (月) 08時26分

こんばんわ。これは大変な事です。このような大事な事を 審議の内容も知らされず 静かに決まってしまう事が ありませんように。戦争を美化しませんように。勿論大反対です。

投稿: れまこ | 2010年6月28日 (月) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35529592

この記事へのトラックバック一覧です: 俄かに現実味を帯びてきた徴兵制導入!:

« もはや待てない! 中国新世代農民工のストライキ | トップページ | 防衛費や米軍への支出は消費税増税分が充てられる »