« 菅新内閣発足! | トップページ | 鳩山退陣は民主党内のクーデター劇 »

日本経済のコントロールを担うのは経済産業大臣!

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2733533.html

 菅内閣の経済産業大臣は直嶋正行氏(64歳・再任)です。氏は大阪府出身で参議院の比例代表選出です。その氏は、鳩山内閣当時にGDP速報値を事前に漏らし、情報管理の甘さを指摘されています。全トヨタの労働組合連合会の出身で、神戸大出ですが、新聞報道によると働きながら定時制高校に通った苦労人のようです。

 しかし、全トヨタの労働組合連合会から国政の場に進出したのはある種の職場環境の後押しが考えられます。そのことは私自身は情報を持っていますが、ここでは書きません。

 菅内閣発足時には、日本とNYの株価が暴落しており、直後に開かれたG20の会議(韓国の釜山)に欠席したのは、財務大臣が菅氏であったこともありましょうが、各国に対して日本は真剣に財政と金融対策をやる気があるのかどうか大いに疑問を持たれた筈です。特に産業経済大臣は日本の輸出企業にとって要であり、全トヨタの労働組合の息がかかっている事は、世界の産業界に大きな影響を与えるインパクトを持っています。

|

« 菅新内閣発足! | トップページ | 鳩山退陣は民主党内のクーデター劇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35155092

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済のコントロールを担うのは経済産業大臣!:

« 菅新内閣発足! | トップページ | 鳩山退陣は民主党内のクーデター劇 »