« 桜島でも火山灰が降り積もる! | トップページ | 今日は海を越えて出張します »

メキシコ湾の原油流出事故は人類史上最悪の環境破壊事故!

http://www.y-asakawa.com/Mssage2010-1/10-message34.htm

 この事故については、昨日の淺川嘉富氏のブログに記事が掲載されています。しかし、元の原油採掘を行っていたのはイギリスのメジャー・ブリティッシュ・ペトロリアム=BPでしたが、結局匙を投げた格好で、復旧の見通しは全く立っていません。オバマ政権もBPに対しては、法的措置も検討する、と表明していますが、到底それで収まるような問題ではありません。この記事にもあるように、原油分解のための薬剤を散布して被害の拡大防止に努めてはいますが、この原油分解の薬剤は毒性が強く、二次被害が懸念されます。もはや人類や環境への被害はどうしようもないところまで来ているのです。

 では、どうしたら良いのか。そのヒントは、今日のサ・ルー・サのチャネリング・メッセージで一部明かされています。BPの現場技術者が匙を投げたという事は、人間の手ではどうしようもない、という事なのです。そこで、ETたちの援助を仰げばそれで良いのか、というと、それも本当の解決法ではありません。なぜこういう事故が起きたのか、その原因は、ただ一つ、原油を地殻から抜き取る行為にあるのです。原油は地球の血液とも言うべき液体です。それを地球から抜き取って人類が勝手に利用しようとしているところに問題があると気付かなければなりません。石油メジャーはイルミナティそのものです。石油を富の源泉にしてきたところにこそ問題があるのです。

 いまこそ、石油などの化石燃料の採掘を止めなければなりません。そのためのクリーンエネルギー、つまりフリーエネルギーの技術はかなり前から確立されていたのです。それを、イルミナティたちは握り潰して世に出さないように隠蔽工作し続けてきたのです。

 まず、その事を正さなければなりません。そのためには、これまで隠蔽されて来た革新的エネルギー技術を、隠蔽された状態から社会の表に出す努力が必要不可欠です。そうしてこそ、メキシコ湾原油流出事故の対策が意味を持ってくるのです。ですから、オイルシェールを含めて、地球に存在するすべての原油等の化石燃料の使用を直ちに停止する事が、ETたちの協力を仰ぐ第一条件なのです。

 サ・ルー・サのメッセージを良く読んでください。そして、チャネリングメッセージなどとバカにしないでください。現在の人類にはここまで酷くなった原油流出事故の対策は対処不能なのです。これを考えれば、地球外生命体の協力を得る事がいかに大事かが良く分かると思うのです。直ちに化石燃料の使用を止めましょう。そして、フリーエネルギー技術を世に出し、そうする事と相俟って、このたびの原油流出の事故対策を考えるべきです。そして、必要ならETへの援助を申し出るべきです。その際、地球人類の方から要請がない限り彼らは動きようがありません。その事を肝に銘じて、政府機関の対応を協議すべきです。場合によったら、国連そのものからの協力要請も必要です。

 ETたちのテクノロジーは、人類を遥かに凌駕しています。そういうETたちは過去にも人類への協力を申し出た経緯があるのです。その時、人類はそれをことごとく撥ねつけてきました。そして、いまさら困ったから、助けを求めようとしても応じられる訳がありません。争いを直ちに止め、平和を申し合わせ、万人の幸福のため、人々が調和と協力し合う事を模索しなければ意味がありません。それが、人類への求められる第一条件です。

 最後に、サ・ルー・サのチャネリング・メッセージ(全文)を貼り付けて置きます。

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/d/20100603

|

« 桜島でも火山灰が降り積もる! | トップページ | 今日は海を越えて出張します »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本が今たちあがらなけば。

投稿: たなか | 2010年6月16日 (水) 13時13分

石油流出で石油価格に影響はないのでしょうか?

投稿: | 2010年6月 4日 (金) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35039054

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ湾の原油流出事故は人類史上最悪の環境破壊事故!:

« 桜島でも火山灰が降り積もる! | トップページ | 今日は海を越えて出張します »