« 金融崩壊の再発と日本人政治家の無感覚 | トップページ | 東京株式市場は年初来最安値に! »

米の雇用統計数値

http://news.nifty.com/cs/item/detail/yucasee-20100604-3698/1.htm

 アメリカの経済状況は改善している、と思っている日本人が多いのは事実です。その根拠は雇用統計で43万人もの雇用が増えたためです。しかしこれは政府の国勢調査に関する臨時職員の雇用が増えた事が原因で、決して民間の経済状況が改善した訳ではありません。

 むしろ、民間では経済状況が悪化を続けているのです。その根拠は、日本で言う、「年越し派遣村」のような食料などを政府支給に頼る、「フードスタンプ制度」を利用する国民が遂に4000万人を突破している現状を見ても解ります。要するに、米国国民の8人に一人は、国の支援が無ければ満足に三度の食事にもあり付けないのです。こんな国が世界最強の軍事国家であり、世界の警察官などと言える訳がありません。それに加えていまだに世界各地で戦争を継続しているのです。

 この世界は異常です。そして、そんなアメリカに日本も追随しているのです。そこには民主党も自民党もない、アメリカ追随外交が厳然と生きているのです。これを正常な国と言えるでしょうか。国民はアメリカも日本も疲弊の極みに立たされているのです。政府は、そしてそのお先棒を担ぐマスメディアはこんな現状を見て見ぬふりをしています。

 直ちに戦争を止めましょう。平和が最低限の国民の願いです。軍事基地をアメリカに返上しましょう。誰かが言っていた、「戦争中毒」は人間を蝕んでいます

 考えましょう。一体誰が、日本にアメリカの軍事基地を呼びこんでいるのですか。その答えは日本人そのものなのです。

|

« 金融崩壊の再発と日本人政治家の無感覚 | トップページ | 東京株式市場は年初来最安値に! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35095693

この記事へのトラックバック一覧です: 米の雇用統計数値:

« 金融崩壊の再発と日本人政治家の無感覚 | トップページ | 東京株式市場は年初来最安値に! »