« 東京株式市場は年初来最安値に! | トップページ | マシュー君のメッセージ(34)がアップされました! »

窮地に追い込まれているオバマ政権

 ここに来て、メキシコ湾の原油流出事故が取り返しのつかない事態に追い込まれています。様々な要因が重なって、当面はお手上げの状態のようですが、もっと初期にしかるべき対応策が取れたのではないかとオバマ政権に対する風当たりが厳しくなっているようです。このまま推移すると、オバマ大統領の進退にも関わる事になるかも知れません。その事は大統領が3度目の現地視察を行った事にも表れています。

 その大きな原因は、流出原油の分解に使用した化学薬品の有毒性にあるようです。住民を取り敢えず内陸部に避難させ、大量の薬品を散布して分解を促進させる作戦をやっているようですが、それがうまく行ってないようです。

 ただ、この事は裏を返せば、人類の今回の原油流出事故に対する方策が既に手詰まり状態であり、手の施しようがない、という表れかも知れません。

 そうなると、いったいどうするのか。このまま手を拱(こまね)いて、なす術もなく放置するしかないのか。

 それについて、私なりの解釈をしてみれば、ここはいま地球の周りを取り囲んで人類の危機的状況を観察していると言われる、ETたちの援助を求めるしかないようにも思います。うがった見方をすれば、オバマ大統領はそのチャンスを窺っているのではないか、とも思うのです。ただし、これはあくまでも私の想像に過ぎませんが…。

|

« 東京株式市場は年初来最安値に! | トップページ | マシュー君のメッセージ(34)がアップされました! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
この「メキシコ湾の原油流出事故」ニュースを、四方を海に囲まれた小さな島国、海産物好き、魚好き日本のメディアがほとんど取り上げないのは不思議かつ残念です。
行き場のない何の罪もない生物達が命を落としていく。刻一刻とその数は加速度を増していく。現時点で食物連鎖の頂点に立つ高慢な人間。
映画”地球が静止する日”が思い起こされます。

あまり詳しくは言えませんが、この数日、内地球からの働きかけを強く感じています。
この窮地を救う(目に見える形での干渉かどうかは別として)のは、内地球の私達なのかも。

投稿: ソラリア | 2010年6月 9日 (水) 21時47分

 この事故は闇の勢力(組織)は一切関係がないそうです。
 地球の意志であるそうです。
 地球意志がクジラにお願いし、吸い上げ管を破壊したと言われています。
 いつまで化石燃料に頼った生活を続けるのか。

投稿: 第三艦橋 | 2010年6月 8日 (火) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35123270

この記事へのトラックバック一覧です: 窮地に追い込まれているオバマ政権:

« 東京株式市場は年初来最安値に! | トップページ | マシュー君のメッセージ(34)がアップされました! »