« 朝の首相取材、禁止を通達! | トップページ | 中国・江西省で大洪水 »

アメリカの国防費は世界各地で戦争を起こすためのマッチポンプの費用

http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201006220018.html

 前ブッシュ大統領は、アメリカ経済は戦争によって拡大・維持されている、嘯いたと報道されています。アメリカは以前からそういう国です。問題なのは日本です。アメリカの膨大な借金=米国債はその購入先がほとんど日本と中国です。わけても日本は今や世界一の米国債保有国です。

 つまり、おおっぴらには言われていませんが、アメリカは日本のお金で戦争を世界中で繰り広げているのです。その中のかなりの部分が消費税として一般庶民が負担させられているのです。所得税なら、所得に応じて負担させられますからまだ理屈は通るのですが、消費税はすべての国民がほぼ平等に支払っているのです。

 その金でアメリカ国債を買い、結局アメリカの世界破壊戦争に協力しているのです。こんな理不尽な事がありますか? タリバンと言っても、蔭では米国防省から軍事支援を受けているのです。その理由はただ一つ、アメリカは常に戦争をやっていないと経済が動かない国なのです。そして、そこに日本の庶民が払った消費税が間接的に使われているのです。責任の一端は日本にも厳然としてあります。沖縄の普天間基地に使われる思いやり予算もそうです。

 日本で消費税増税を叫んでいるマスコミはその事を理解しているのでしょうか。いや、解っていても決して言わないでしょう。なぜなら、彼らはアメリカCIAの組織によって監視されコントロールされているからです。日本の政府、特に財務省、防衛省、外務省はアメリカの方しか向いていません。

 皆さん、今こそそういう売国勢力を追放して日本に平和を呼び込み、それを世界中に広めなければなりません。参議院選挙はその絶好の機会です。

 その時に当たって、マスコミの策謀に乗って、消費税増税に賛成するのではなく、反対し、一票の力を結集して、日本から世界を変えましょう。今の政府ではダメです。

|

« 朝の首相取材、禁止を通達! | トップページ | 中国・江西省で大洪水 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/35434725

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの国防費は世界各地で戦争を起こすためのマッチポンプの費用:

« 朝の首相取材、禁止を通達! | トップページ | 中国・江西省で大洪水 »