« 民主党は社民党首を罷免するしか方法はない! | トップページ | 書けば書くほど人から嫌われる! »

鳩山政権、福島大臣を罷免へ!

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010052801000707.html

 鳩山総理は、午後8時ごろ社民党の福島大臣を罷免する事を決定したようです。これは貼り付けた記事にもある通り、これまでの行き掛かり上止むを得ない処置です。

 ただ、この動きによって、政局は一気に流動化する可能性があります。それは明日、明後日と週末に掛り、各メディアは世論調査に動くからです。ちょうど参院選前でもあり、支持率の調査は不可欠とも言え、場合によっては民主党は危機的な支持率低下に見舞われるかも知れません。ある意味でそれは不可避とも言えます。

 ここに来て、民主党政権は政権交代後の最大の危機を迎えたと見るべきです。当然、鳩山総理の責任論も噴出するでしょう。それと同時に、小沢幹事長の政治とカネの問題、来るべき参議院選への対応によっては、小沢幹事長の引責辞任も浮かび上がってきます。さらには、先ほども書いたように内閣総辞職、場合によっては衆議院解散もあり得ます。これは、民主党の戦略というよりも、国民自らの要求によって解散せざるを得なくなる可能性があることです。国民主権(主権在民)というのはこの事を言うのです。これは日本国憲法に於いて保証された事です。

 その理由は、ひとえに週末に実施されるであろう世論調査の結果によります。極端な場合、内閣支持率は一ケタ台に落ち込むことだってあり得ます。そしてその場合、解散せずに政権を維持するという事は、それこそ民意を踏みにじり、独裁という非難を甘んじて受けざるを得なくなるからです。そういった事態に墜ち込めば、いくら党利党略と言っても通用しなくなります。方法はただ一つ、そうなる前に解散という手を打って、民主党への批判を最小限に抑える事しかありません。

 つまり、政局は雪崩を打つように流動化し、これから先何が起きても不思議ではありません。人事というものは、一端動き始めると次から次へと連鎖反応を起こすものだからです。これを称して「流動化」というのです。

|

« 民主党は社民党首を罷免するしか方法はない! | トップページ | 書けば書くほど人から嫌われる! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34924426

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山政権、福島大臣を罷免へ!:

» 連立崩壊 [にたろうの退屈な日々]
ついに連立崩壊へ。もともと決定的に国家観の違う民主党と社民党が連立が組むのがおかしかっただけ。当然の結果でしょ。今回は最悪の「罷免」という形でしこりが残ったのは事実。当初からの筋を通したという点では社民党の完勝だな。参院選挙では社民党にとってはプラスになると思うけど。民主党&社民党のなかで分裂があってもおかしくない。これを契機に民主党内の社民党寄りの議員が離脱すれば民主党も少しは健全な形になるのではないかと少々期待。... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 09時00分

« 民主党は社民党首を罷免するしか方法はない! | トップページ | 書けば書くほど人から嫌われる! »