« みんなの党は民主党との連立に加わらないと宣言! | トップページ | 集中砲火を浴びる日本企業 »

インターネット・テレビの将来

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93

 今日、ネット情報としてインターネット・テレビについて啓蒙を兼ねた詳しい情報が流れました。中身は見た限りではそれほど魅力ある内容には言われていませんが、実はこれは画期的なシステムになる可能性が高いです。このシステムは電子書籍にも応用可能で、将来の知的情報のコンテンツとしてかなり広い分野で活用が見込まれます。私が想像する限り、今のテレビジョンシステムは既に限界に来ており、地デジなど取るに足りません。拡張の幅が余りにも狭いのです。また、電波を使う放送システムはエリアが限定的で全地球に拡大するのは不可能です。それに比べてインターネット利用の回線は、既に全世界に張り巡らされており、情報交換の分野では電波利用のテレビシステムを凌駕しています。

 このシステムは、広げようと思えば地球だけではなく将来の惑星単位での放送網にも拡大できます。このインターネット・テレビは途轍もない可能性を秘めたシステムです。皆さんが想像している以上に大きな意味があります。それも、近い将来、メディアのパラダイムの大転換が近付いており、飛躍的に大きな役割を負って全世界に華々しく登場するでしょう。

 いま、NHKを始めとする公共放送の役割が問い直されています。受信料の問題も含めて、抜本的な改革が必要です。単なるプロパガンダ機関としてのマスメディアの役割はとっくの昔に終わっているのです。この事を肝に銘じていて下さい。

|

« みんなの党は民主党との連立に加わらないと宣言! | トップページ | 集中砲火を浴びる日本企業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34893978

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット・テレビの将来:

« みんなの党は民主党との連立に加わらないと宣言! | トップページ | 集中砲火を浴びる日本企業 »