« 日本でも住宅ローン問題深刻化! | トップページ | メディアに蔓延るウソ報道! »

新興国ファンド

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2681413.html

 ブラジルを含めた中国やインドはブリックスといって新興国ファンドでもてはやされた国々です。それが、いま早くも黄色信号が灯ったということです。中国はバブル経済だといわれています。インドもその基盤が浅く、タタ自動車に象徴されるよう成長も見込める反面、脆弱性を覚悟しなければなりません。我々のような機関投資家は綿密な調査に基づいて投資を決定していますが、個人の場合、風潮に流されやすいのが弱点です。これからブリックス市場がどういう展開になるか、注目するべきです。特に個人投資家は飛びつく前に、よく情報を吟味するべきです。

|

« 日本でも住宅ローン問題深刻化! | トップページ | メディアに蔓延るウソ報道! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34786305

この記事へのトラックバック一覧です: 新興国ファンド:

« 日本でも住宅ローン問題深刻化! | トップページ | メディアに蔓延るウソ報道! »