« 大暴落を演じたニューヨーク株式市場! | トップページ | 韓国軍哨戒艦と米原潜との沈没の原因は本当は同志討ちだった!? »

世界はもうすぐ新しい日の出を迎えようとしています

 今日は実に疲れました。昨晩から世界中で続いた異常な株価や為替の動きに、一日中翻弄されたからです。

 しかし、私は身体の肉体的な疲労にも関わらず、ある種の希望と展望が開けて来ているのをひしひしと感じる事ができます。この事を、ある種の人達は楽観的に過ぎると表現するかも知れません。

 しかし、私は断じてそうではない、とはっきり言い切る事ができます。その理由は、何となくこれまでの世界中の動きと違う雰囲気と人々の心の動きが感じられるからです。

 私は日本人ですから、今の日本の政治の動きと、経済の動き、そして人々の心の動きが従来とはニュアンスが違う、と感じ始めています。

 漠然としていますが、幾つかの例を挙げてその事を考えて見たいと思います。

 まず、沖縄・普天間の米軍基地移転問題の地元民の動きと心の持ちようです。これがどうも従来とははっきり変わってきています。その第一は、もう軍事基地はイヤだ、絶対に要らない、という強い忌避の気持ちが住民に湧いて来ている事です。今までですと、戦争の恐怖(外国から侵略されるという)、基地関係の仕事が無くなる事の生活の不安、沖縄の経済、これらがない交ぜになって、何となく基地が存在する事は不満だが仕方がない、という諦めの気持ちが沖縄住民の大部分を占めていたように思います。それが、今回の基地反対運動によって、はっきり変わりました。何よりも戦争への倦怠感、沖縄の自然や生態系を破壊する事の違和感、これ以上人と人が相争う事の無意味さを、多くの人が感じ始めている事です。それと、見逃してはならない事が、首相やゼネコン、官僚どもにコントロールされて来た事の嫌悪感がはっきりと表面に表れてきた事です。特に首相や国会議員たちがいかに国民を愚弄し、利権に利用してきたかがもろに表面に出て来て、もう利用されるのはイヤだ、とはっきり意志表示し始めて来ています。首相や多くの政治家はこの事が身に沁みて分かっていません。これが身に沁みて分かっていれば、もう二度と繰り返して同じ過ちを犯そうとはしないでしょう。

 次に、雇用と経済の問題です。私はギリシャの危機を、従来の経済不安の繰り返しであると見ていました。ですから、アテネで起きた民衆の暴動も、ある意味で闇の勢力の思う壺に入っているのではないかと危惧していました。しかし、今度はどうも従来の暴動とは違う感じがします。軍事的・政治的な意図が感じられないのです。それは、端的に言うと、もうこんな事はイヤだ、いい加減にしてくれ、我々本来の生き方をさせてくれ、という人間の本来の生き方への希求が感じられる運動に見えてき始めたのです。

 それと、イギリスにしてもドイツにしても、従来の既成政治家に対する民衆の要求が変わり始めています。ギリシャの経済不安に対する支援策も、纏まらなかった、あるいはメルケル首相が煮え切らなかったのはドイツ国民が従来の支援体制に対して不満を露わにし始めているからです。国民を手懐けられないと、自分たちの次の選挙が危ぶまれる、と危機感を持たざるを得ないからこそ、単純にギリシャ支援に踏み切れなかったのです。

 これは、アメリカでも起きています。ユダヤ金融財閥の雄であるゴールドマン・サックスへのSECの提訴、オバマ大統領のウォール街への挑戦は偶然に起きているのではありません。その裏にもう我慢がならない、という民衆の強硬な怒りがあるのです。

 その他、日本でも政治家のいい加減さに呆れ、公然と反旗を翻す人々が多くなりました。「みんなの党」が他の新党グループに突出して支持を集めているのもその一つの表れと見る事ができます。

 このように、日本と世界のあらゆるところで異変が起き始めています。これは従来見られなかった現象です。既成政党に媚を売り続けて陰で金銭を受け取って来た政治評論家たちもこれから糾弾を受ける筈です。むろん、政治とカネで指弾を受けている政治家も従来の態度で逃げ切れると見ていたら大きな住民の反動を受ける事必定です。

 この動きは自民党などに止まりません。政権交代を果たしたと浮かれていた民主党にも及んでいます。いま、国民の政治家不信は頂点に達しています。今度の参議院選挙にはその答えが必ず出るでしょう。

 世の中はこのように変わり始めています。民衆が動き始めたのです。もう、搾取やコントロールされるのはうんざりだ、と言い始めたのです。これは希望が持てる動きです。世界は新しい日の出を迎えるのか知れません。誰かが言っているように、アングロサクソン・ミッションは、必ず失敗するのです。

|

« 大暴落を演じたニューヨーク株式市場! | トップページ | 韓国軍哨戒艦と米原潜との沈没の原因は本当は同志討ちだった!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつも武山さんの鋭い独自の観点でのブログ、楽しみに読ませてもらっています。光を感じられるような視点でのこの記事に、ちょっと元気をもらいました!

先の方のコメントにもありますが、この社会構造での息苦しさは感じるの、ごもっともだと思います。私もしている方法ですが、鳥の声とか、自然の音が入っているCDとかを聴くと(常にお部屋のBGMにしても良いですよ♪)、結構身体や精神的にも安定出来ますよ!もし良かったらお試し下さいね。

投稿: パティ | 2010年5月 8日 (土) 20時46分

kiyoさん、もう限界とのこと。最近そういう方が多いですが(私も含めて)、どうしました?大丈夫ですか?

投稿: ひよどり | 2010年5月 8日 (土) 11時37分

早く変わって欲しい。
もう限界です。

投稿: kiyo | 2010年5月 8日 (土) 06時30分

みんなの党は自民党の別動部隊で、完全な悪の組織ですね。常識ですけど。

実情を知っている人は絶対に支持しないでしょうね。

日本をぶち壊してきた自民党の隠れ蓑に過ぎませんよ。

アメリカさんの忠実な手下ですよ。

みんなの党などが力を持てば、また日本は暗黒時代に逆戻りですね。

武山さんの政治的なセンスの無さにはあきれ返るばかりです。

投稿: sfgh | 2010年5月 8日 (土) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34576618

この記事へのトラックバック一覧です: 世界はもうすぐ新しい日の出を迎えようとしています:

» 私的瑞兆いろいろ [3匹の子豚との日々]
先週末から今週にかけて、私が感じた瑞兆いろいろ。 新しい世界が徐々に始まっている気がします。。。 5月15日の夕方の東の空。 夕焼けが東の空にまで広がり、南へ向かう階段状の雲が・・・。 翌日5月16日は、スペインでは、Ascension del Senor(イエスの昇天)の日。 イエスが昇天するための天に続く階段の具現化なのかも・・・? そして、まゆみさんのところでも話題になっていたように、 16日夜の、2日月と金星の大接近! 今夜は月と金星が大接近 17日の夜も大接近 マドリッドでも大接近... [続きを読む]

受信: 2010年5月20日 (木) 06時58分

« 大暴落を演じたニューヨーク株式市場! | トップページ | 韓国軍哨戒艦と米原潜との沈没の原因は本当は同志討ちだった!? »