« 米欧金融機関8社に調査のメス! | トップページ | こんな国会のドタバタは何なのか! »

ヨーロッパは悪夢の時を迎えつつあるのかも知れません

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2666111.html

 ネバダの見方は厳しいですが、これが真実かも知れません。なぜなら、ギリシャの救済策は機能するとは思われず、多くの問題点を抱えたままなのです。地元ヨーロッパの金融機関は現実から目を背けています。これは、ある意味で意図的ともいえる現実無視です。

 ある時点までアングロサクソンミッションは成果を挙げるでしょう。そして、展開しきったところで突然向きを変え、怒涛のような流れが出発地点に逆戻りするのです。それは、不可逆反応です。そして、それが何を意味するのかは現時点では不明です。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381949EE3E6E293978DE3E6E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

|

« 米欧金融機関8社に調査のメス! | トップページ | こんな国会のドタバタは何なのか! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34695024

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパは悪夢の時を迎えつつあるのかも知れません:

« 米欧金融機関8社に調査のメス! | トップページ | こんな国会のドタバタは何なのか! »