« 連立維持か政権離脱か? 選択を迫られる社民党 | トップページ | 世界の株式市場が総じて下落しています »

官房機密費問題

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/2aaf1880a0d8fa96c4272d66c1c2d198

 これは重大な問題ですが、今のところ民主党は動く気配がありません。自民党政権がこれを歴史的に継続して言論操作に使用してきたのは確かな事実でしょう。では、民主党はどうなのかという疑問は当然湧いてきますが、まだ政権を担当して時間が短い事もあり、事実はやぶの中です。しかし、これほどまで支持率が低下していれば何らかの手を打たないと、国民に更なる誤解を与えてしまいます。それとも何か表面に出せない事情でもあるのでしょうか。私はその方が気になります。

 しかし、世の中は政治家に対する不信感が頂点に達しているともいえます。小沢氏にしても鳩山総理にしても、まったく政治とカネに潔癖であるとはお世辞にも言えません。一部の識者やブログのライターたちは今でも民主党政権に好意的ですが、公平な目で見て、どっちもどっちという感じです。譬えは悪いですが、目くそ鼻くそです。まぁ、罪の大きさから言えば永くこういう事を平気でやって来た自民党の方により大きな責任があるのでしょう。しかし、考えて見れば小沢氏も鳩山総理も元をただせばバリバリの自民党議員です。また、代々続いた二世議員でもありますから…。

|

« 連立維持か政権離脱か? 選択を迫られる社民党 | トップページ | 世界の株式市場が総じて下落しています »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34535499

この記事へのトラックバック一覧です: 官房機密費問題:

« 連立維持か政権離脱か? 選択を迫られる社民党 | トップページ | 世界の株式市場が総じて下落しています »