« 911の真実を求める日本の科学者の会が結成! | トップページ | 英国で100年ぶりの自民党政権誕生か? »

渡辺喜美氏の過去の意見、外貨準備金の活用について

http://alcyone.seesaa.net/article/146994061.html

 この件は大変重要な意味を含んでいます。私は当初渡辺私案に反対でした。しかし、これは米国の財政問題を大きな意味で考えるとどうするのか。短絡的に判断は出来ないでしょう。今日の金融危機を招いたのはアメリカのユダヤ金融財閥の野放図な金融システムにあることは明らかです。

 しかし、そうかといってアメリカをこのまま見殺しにするのは、行き掛かり上得策ではありません。ここは日本国内の景気回復を図った上でアメリカにも貸しを作る方が良いかも知れないのです。ブッシュ政権当時とは事情が劇的に変わったのです。いまの民主党鳩山政権ではそれは不可能です。普天間問題だけを取ってみても政策が硬直化しているからです。

 ただし、米国債を言うなりに購入するのは最悪です。使途を限定して協力するべきです。また、日本の景気回復には、みんなの党から比例区で出馬予定の元財務官僚・桜内氏の唱える政府通貨の活用がベストです。政府証券ならアメリカに協力した支出を担保に出来る筈です。

|

« 911の真実を求める日本の科学者の会が結成! | トップページ | 英国で100年ぶりの自民党政権誕生か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34294006

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺喜美氏の過去の意見、外貨準備金の活用について:

« 911の真実を求める日本の科学者の会が結成! | トップページ | 英国で100年ぶりの自民党政権誕生か? »