« 下流社会日本! | トップページ | キルギスの首都で暴動、非常事態宣言! »

アメリカ政府に相手にされなかった鳩山総理

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2561286.html

 この記事と、ふるやの森のオバマ大統領とのフロリダでの宇宙サミットの記事とを読み比べて下さい。いま最後の段階に入っているスペースシャトルの事業は近く終止符を打つ予定だと言われています。これは何を意味しているかというと、資金がかかる割には挙がる成果が少なく、頭打ちだと言うことです。そして、宇宙開発事業がこのような段階にある時に鳩山総理がノコノコとアメリカくんだりまで出かけていくと言っても相手にされないのは当然です。平野官房長官は強がりを言っているようですが、何かやっている事がチグハグです。

 それよりも、目ハシの効く政治家であれば、このオバマが打ち出した宇宙開発のためのサミットというのに乗っかって、日本も協力するから普天間の基地問題の解決に協力してほしい、くらいの機転を示せないものでしょうか? 工夫が無さすぎます。むろんオバマには心の底で軍事基地問題はカタを付けて、世界平和を実現する気持ちはあり過ぎるほどあるのです。一挙に基地を無くすのは無理でしょうから、段階的解消でも良いのです。

 しかし、鳩山総理には到底無理でしょう。オバマほどの腹芸は出来ない相談です。オバマが健保法案の成立に懸けた権謀術数は到底余人に出来る事ではありません。

 しかもオバマがこの時期に宇宙開発のサミットを開くと言うのはいささか意味深長というべきです。ひょっとしたら、今まで隠され隠蔽されて来た新技術や宇宙の神秘を一挙に公開する算段でこの会議を開くのかも知れません。そこのところはまだ未知数です。ですが、もう時期は充分熟している事も事実です。

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/6200b10adf8f8f3600f84dbfdb4b51e9

|

« 下流社会日本! | トップページ | キルギスの首都で暴動、非常事態宣言! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

これからの数週間は怒涛のごとく
ポジティブエネルギーが注がれる感じがしますね!!(笑)

投稿: 連邦連合 | 2010年4月 7日 (水) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34122384

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ政府に相手にされなかった鳩山総理:

« 下流社会日本! | トップページ | キルギスの首都で暴動、非常事態宣言! »