« 渡辺喜美氏の過去の意見、外貨準備金の活用について | トップページ | ジョン・レノンとドラッグ »

英国で100年ぶりの自民党政権誕生か?

 英国で労働党現政権を破り、自民党が政権を獲得する可能性が出てきました。しかし、これは日本の自民党とはまったく違い、約100年ぶりとなる躍進です。ただ、まだ行方は混沌としており、予断を許しません。労働党現政権は幾つかの問題を抱えており、清新さに欠けるのも事実です。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010041901000202.html

|

« 渡辺喜美氏の過去の意見、外貨準備金の活用について | トップページ | ジョン・レノンとドラッグ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34296104

この記事へのトラックバック一覧です: 英国で100年ぶりの自民党政権誕生か?:

« 渡辺喜美氏の過去の意見、外貨準備金の活用について | トップページ | ジョン・レノンとドラッグ »