« どこかずれている総理大臣 | トップページ | 新高速料金は支離滅裂!共産党 »

英国の二大政党に割って入る形で第三極が存在感!

 日本より一足早く英国議会に第三極が誕生しそうです。これまで、英国では労働党と保守党が交代で政権を維持して来ました。特にサッチャー保守党政権時には強硬路線で鳴らし、鉄の女宰相とも呼ばれました。最近の労働党政権ブレア首相時代は、ブッシュと組んでイラク戦争を主導するなど覇権主義を米国と共に支え、世界をいびつに歪めた感が否めません。

 その英国にも第三極の台頭が著しく、ひょっとすると労働党ブラウン、保守党キャメロンともに足元を掬われる可能性があります。

 ですが、今日のふるやの森のチャネリング・メッセージ、サ・ルー・サの言葉を読んでみますと、世界の主な国では既成政党の政治は終焉を迎え、暫定政権が立ち上げられて、これまでになかったような斬新な政策を実行する、とされています。

 チャネリング・メッセージなど信用できないという人もいるでしょう。しかし、この事は既に何十年も前から予告されていた節があるのです。最も有名なのがアクエリアン革命を書いた社会学者のマリリン・ファーガソンです。今は絶版になっていますが、今読んでも清新な思想に驚かされます。

 遅まきながら、日本にも第三極が誕生したかに見えます。しかし、これはひょっとすると、陰謀渦巻くマヤカシである疑いがあります。ある日突然、止むに止まれぬ経緯で第三極が誕生するしかないのかも知れません。日本は民意の発揚が弱い可能性があるのです。しかし、始め弱くても、その内強固になるのも日本の行き方かも知れないのです。

 いずれにしても、ここ何カ月もしないうちに、あっと驚くような突発的な事態が出現する可能性があります。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010041201000690.html

|

« どこかずれている総理大臣 | トップページ | 新高速料金は支離滅裂!共産党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

どんどんと、地球の波動が上がってきていますね。本当に、全てとリンクする感じです。我々の見えない世界共々。


http://mblog.excite.co.jp/user/satoru99/entry/detail/?id=13138952&_s=65b8aee657f6a9f6b1aa62b42f3f5b29

投稿: 通りすがり | 2010年4月13日 (火) 00時39分

私利私欲で動く方ではなく、愛と光をもった宇宙意識のメンバーで構成される政権を強く望む!!
そろそろかなぁ(笑)

投稿: 連邦連合 | 2010年4月12日 (月) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34195061

この記事へのトラックバック一覧です: 英国の二大政党に割って入る形で第三極が存在感!:

« どこかずれている総理大臣 | トップページ | 新高速料金は支離滅裂!共産党 »