« 普天間基地問題で日本政府が辺野古案を吞んだとワシントンポストが報じました | トップページ | 帝国海軍が日本を破滅させた »

中国および北朝鮮の政治状況が不安?

http://www.epochtimes.jp/jp/2010/04/html/d48573.html

 ここに貼り付けたのは、中国の現在の状況です。全面的に肯定するには情報が不足していますが、一端は窺える筈です。

 また、北朝鮮と韓国の国境線も一触即発の危険性を秘めています。それは韓国軍の哨戒艦が北の大型魚雷によって爆破された可能性が高い、と調査団が結果を述べた事に表れています。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010042501000204.html

 ここで、見方を変えて下さい。先日来ネットで公表されている、ザ・アングロサクソン・ミッションは失敗する、というビデオ映像と、ビル・ライアンが英国軍部の元幹部と行ったインタビュー記事です。この記事は膨大な分量があり、一時に読了するには骨が折れますが、読む価値は充分あります。その内容は第三次世界大戦の可能性と、どこから火を噴くか、という問題です。その第一候補は中国であり、イランです。闇の勢力はこの二国に先制攻撃を起こさせ、最初に戦術核兵器による局地的な核戦争を誘発させ、一端停戦後に生物兵器による人種選択的な人類殲滅作戦を展開する、とあります。戦術核戦争が起る地域は言うまでもなく中東です。そこへイランを助けるために中国が出て行くのです。その直接の原因は石油と資源確保です。あとはこのインタビュー記事をぜひ読んでください。背筋が凍る思いがします。

 それと、希望的観測もあります。地球には闇の勢力が蔓延り、着々と計画を実行に移していますが、別に善意のETたちの存在もこのインタビュー記事には出てきます。これらはチャネリング情報ではありません。れっきとした元英国軍人の証言です。この善意の光の存在とも言うべきETたちは直接の介入を控えているそうです。しかし、時々刻々と情報を収集しており、いざとなったら動き始める可能性があるそうです。地球は現在騒乱状態であり、次々と起る金融経済危機もある意味では闇の勢力が起こしているのだそうです。リーマン・ショックもその可能性が大です。

 とにかくここ暫くは中国とイランの動き、北朝鮮の動向に目が離せません。

|

« 普天間基地問題で日本政府が辺野古案を吞んだとワシントンポストが報じました | トップページ | 帝国海軍が日本を破滅させた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34382188

この記事へのトラックバック一覧です: 中国および北朝鮮の政治状況が不安?:

« 普天間基地問題で日本政府が辺野古案を吞んだとワシントンポストが報じました | トップページ | 帝国海軍が日本を破滅させた »