« 報道の自由度 | トップページ | ここに来て鳩山総理による衆参同日選挙の可能性は? »

笛吹けど踊らず(2)

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2627564.html

 私はこれこそ“笛吹けど踊らず”の典型であると思っています。IMFその他によるギリシャ支援策はまったく評価されないのではないかと見ていました。それがこの記事に現れています。ドイツは既に逃げ腰であり、来るべき総選挙に向けて国内情勢の調整に躍起になっています。イギリスのブラウン首相などは、インタビューの後の不始末で大いに評判を下げているくらいです。

|

« 報道の自由度 | トップページ | ここに来て鳩山総理による衆参同日選挙の可能性は? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34455079

この記事へのトラックバック一覧です: 笛吹けど踊らず(2):

« 報道の自由度 | トップページ | ここに来て鳩山総理による衆参同日選挙の可能性は? »