« 新聞は日本のオピニオン・リーダーなのか? | トップページ | 民主党は日本を本気で崩壊させる気である »

資本主義の崩壊が近い!

 ここに貼り付けた記事は、最近あちこちで引用されています。多分皆さんはどこかでご覧になった事がある筈です。この記事の出どころは有名な船井熟です。

 皆さんはつい先日(本年2月)、富士フィルム株が一秒間に6%も変動した事をご存知でしょうか。そのカラクリがこの貼り付けた文章の中で明かされています。私は以前からこの手の情報を聞きかじりに聞いており、いずれ世界はコンピュータに牛耳られる、と危惧していました。まさにその通りになっているのです。もう既に人間の普通の感覚を超え、一秒間に1000回の世界に突入しています。恐ろしい事です。

 これに比べて人間の世界はどうか。例えば、政治の世界。比べるのもどうかと思うのですが、旧態依然としていて、同じように「政治とカネ」の問題で揺れ動いています。実はそっちの方が普通であり、旧秩序なのです。ここでも、マリリン・ファーガソンが予言したアクエリアン革命が実現しています。革命というよりもコンスピラシーです。つまり、陰謀です。

http://www.funaiyukio.com/funa_ima/

|

« 新聞は日本のオピニオン・リーダーなのか? | トップページ | 民主党は日本を本気で崩壊させる気である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

武山です。おっしゃる通りです。真実を申し上げれば、私は船井氏の著作や経済の指導方針には違和感を持っています。しかし、それを押し通せば視野が狭まります。それで、敢えて関係する記事を掲載したのです。実は、私自身は船井氏の著作は余り読んでいませんし、お勧めする積りもありません。この判断は、各人でなさる事ですから敷衍しませんが、貴方の仰る意味は良く分かります。しかし、ブログに取り上げた内容は重要なものに変わりありません。

投稿: | 2010年4月 3日 (土) 20時19分

船井幸雄さんに、興味を持ったのは、1部上場企業の経営者として、スピリチュアル関係の本を出していたためです。私も何冊か、著作を読みましたが、何かしっくりきませんでした。
その後、100匹目の猿現象が全くの創作話(ウィキペディア等参照)と分かると、疑いは確信に変わりました。
今日ご紹介のブログ記事の後にも、船井塾の宣伝がしっかり入っています。
船井氏は、資本主義経済の危機を予測しています。私も経済の大きな転換点は、近いと思います。
しかし経済社会の不安を煽って、経済情報を商売にするという姿勢は、あまりよくないと思います。

投稿: | 2010年4月 3日 (土) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/34060426

この記事へのトラックバック一覧です: 資本主義の崩壊が近い!:

« 新聞は日本のオピニオン・リーダーなのか? | トップページ | 民主党は日本を本気で崩壊させる気である »