« 内閣支持率更に下落 36%に! | トップページ | ここに来てノンリコースローン問題が火を噴きそうです »

癌真菌説に対する現役の医師からの投稿

 以下は私のブログ記事、癌の真菌説に対する投稿です。参考のため掲載します。

以下は現役の医師からの投稿です

武山先生
2
度目のコメントです。現役の医師です。
癌がカンジダ感染症であるという可能性は否定できません。
シモンチーニ先生がその可能性に気付き、重炭酸ナトリウムで真菌に対して対処することにより、自己防衛として出現した腫瘍細胞が縮小していくという理論だったと思います。すべての癌がカンジダ感染のため白いと彼は言っておりますが、私は必ずしもそうではないことも知っておりますが、彼の考え方は否定はしません。彼が社会的抹殺を受けた経緯は丸山ワクチンにも似ていると思います。

しかし、ほとんどの医師は癌が真菌感染症の可能性があるということは認識していないと思います。そのような教育は受けていません。癌は遺伝子異常であり、腫瘍増殖抑制遺伝子の異常と学んでいるはずです。したがって医師に確認をとっても否定しかできないのが現状だと思います。

私は小学生の時に父親を癌で亡くし、主治医から私が大人になるころには癌は撲滅できるといわれていましたが、結果は大ウソで、増え続ける一方です。
 気付けば医療費は年額34兆円を超え、癌のための研究・医療費で13兆円を超えているのです。これだけの医療費を費やし、これだけの医療費を癌のために使っていて、結果は世界一の癌大国になりました。MRIもCTも世界がうらやむほどある国なのにです。

妻の伯父の末期癌、余命3カ月で相談を受け、西洋医学に見切りをつけ補完代替医療という選択肢があることを教えました。彼は2カ月で見事に克服しました。これには正直私も妻もびっくりです。でも、そのような方が現実にこの世の中にはいるのです。
西洋医学では証明できないので、奇跡と呼ばれます。しかし、治った方は奇跡でも何でもなく、ただ単に自分の自然治癒力が取り戻った結果治ってしまっただけなのです。ただ、この自然に治す力というものが科学的に証明できないので、西洋医学以外の医療で末期癌を克服すると非科学的な世界として煙たがられるのです。

西洋医学はすべて医学的根拠、科学的根拠に基づいて行ってきました。しかし病人は医師が足りないほど増え、癌になる人も癌で死ぬ人も増え続け、難病も増え続け、医療費も増え続けているという皮肉な結果があります。その一方で自然に治す力を取り戻した結果病を克服したら非科学的という世界に閉じ込められます。

予防医療は自然に治す力を維持させること、病人が予防医療を取り入れればその力が取り戻ってきて、その結果勝手に治してくれるのです。人間にはそのような力が与えられているのです。

人間には自然治癒力があり健康であれば病気には負けません。こんな当たり前のことが医師ですら考えていない国が現状のわが国で、病気を見つけたたくことばかり行っているのです。病気の原因は健康を損ねたことにあるのです。
 しかし、皆の健康管理をしている医師のほとんどは、有機野菜と農薬野菜の違いも知りません。自然塩と精製塩の違いも知りません。食品添加物の消費量や認可量も知りません。トランス脂肪酸の害も知りませんし、電磁波や化学物質の環境からの影響も考えません。そのような医師に健康ゆだねている日本国民が本当にかわいそうでなりません。

大きな権力が国民に気付かれないようにしていると私は感じています。

長文失礼いたしました。

投稿: NSXR | 20103 7 () 2149

ここにも重要なデービッドアイクのニュースレターを貼り付けておきます。

http://www.davidicke.jp/blog/20091122/#extended

|

« 内閣支持率更に下落 36%に! | トップページ | ここに来てノンリコースローン問題が火を噴きそうです »

健康」カテゴリの記事

コメント

トゥリオ・シモンチーニが、2012年8月26日に来日します。

詳しくは、www.simoncinicc.com
もしくは、www.simoncini-cancer-center.com

トゥリオ・シモンチーニの重炭酸ナトリウム療法に関しては、アメリカの医師がNIHから、2億円の乳がんの研究費をもらうことが決定したそうですし、ほかにも、NIHに申請している重炭酸ナトリウム両方の研究が4件ほどあるようです。

研究費用はわずかですが、NIHも、これほど世界中でVIPを治療しているトゥリオ・シモンチーニ療法方を除外視できなくなったのでしょう!

日本でも、勇気ある医師が現れることを願っています。

投稿: まさおか | 2012年5月12日 (土) 07時50分

私の妻も原因不明と医学界では見られている慢性の自己免疫疾患で苦しんで、さまざまな医学処方を受けましたが悪化するだけでした。しかし、無細胞壁細菌(培養が非常に困難であるがために病原として見逃されてきた。)が基本的な病原菌であり(日本人が発見した事実です)、ビタミンD(活性型ビタミンDの核内受容体が、多くのサイトカインを含めたたんぱく質のトランスクリプションのスイッチになっているという最近の発見に基づいています。)の過多(過剰なビタミンDがアンタゴニストとして働いています。)により引き起こされるTh1型炎症反応だという病理学的、分子生物学的な仮説に基づく自己免疫力回復を目的とした治療法(米国で開発されそのための財団まである)を使ったところ、80%程度まで回復しています。

これらの過程で分かったことは、医師というのは科学者ではなく既存の知識を使う技術者であり、最新の科学的な研究結果は知らないというか、知りたがらないということです。なぜかというと、往々にして今現在やっている治療法そのものが意味をなさなくなる、あるいはむしろ病気が進行してしまうということを認めざるを得なくなるからです。

炎症という症状を「治療」するには、ステロイド・ホルモンを使えば確実に一時的にでも症状が治まるので、現代医学ではそれを「治療」と称しているようです。しかし、それは炎症という結果的な症状だけをなくす療法であり、原因については何もなくならないというよりも、自然免疫機能を停止させるためむしろ細菌などの病原は増殖・拡散してしまうことになります。

結果的な症状を無理やり抑えてやればひょっとして病気が治ることもあるかもしれないのでやってみましょうという、占い・おみくじの世界です。低い確率でも実際病状が鎮まることがあるので、それが「医学的な治療法」とされるわけです。医者の世界では、自分の習ってきた病気と症状の枠組みからずれる症状は、保険請求ができず「あり得ない」ので病気とは認めません。気のせい、ストレスのせい、年齢のせい、患者のせいにされるのです。

実は病気の症状の半分以上は炎症です。炎症というのは、免疫機能の暴走と見られますが、だからと言って免疫機能を抑えてしまうと免疫反応の対象となっている原因物質(病原)が野放しの状態になり、一般的には病状は進んでしまいます。逆に、多少の炎症反応があったとしても自然免疫機能が強化されれば病原が駆逐される方向に進み、病原が排除されると徐々に炎症も収まってきます。

非西洋的な療法が治療効果があるとすると、このようなことだと理解しています。西洋医学の療法が無力の場合があるというのは、病原がきちんと特定されておらず、やみくもに症状を抑えることしかできていないということでしょう。西洋医学といえども病原が特定されていない病気の治療は、当てずっぽであることを認めるできでしょう。

西洋医学か非西洋医学かというより、きちんとした科学的な最新知見をいかに治療に生かすかという努力をし、そのための行政上の仕組みを作っていくべきだと考えます。

私は医師ではありませんが、バイオテクノロジーの素養があります。

投稿: おとっぴ | 2010年3月 9日 (火) 16時50分

情報提供ありがとうございます。


残念ながら、自分はただの一般人で本の購読も難しそうだし、治療も地方住みなので、教えて頂いたクリニックには、出向く事は難しいです。あと、判っても家庭の事情や今、診察してもらってる病院、患者が高齢者で動ける気力が無いなど、様々な要因で、情報は頂いても、結局、今現在、自分に出来る事は無力に近いかなと思っています。
しかし、自分の身内の治療は無理でも、情報提供頂き、そのようなクリニックを知る事や本を購読出来る人が世間に広がっただけでも、大収穫だと思っています。

どんどん、光に繋がって、光のネットワークの情報が拡散し、早く1人でも今後、癌患者完治の世界到来がくれば本望です。

正しい癌治療が究明出来た医師が、独立開業したり、本を出版したり研究を発表したり、ど素人なのでよく、医療会の事は判りませんが、しがらみやルールに縛られる事なく、新しい医療団結成とかの世の中が実現すれば、最高だと思います。

黄金時代到来を邪魔する闇の残党など、色々なサイト拝見してますが今現在、2%位まで減っているようですね。

光の情報、ネットワークがどんどん力を増す世界に!!!

投稿: 通りすがり | 2010年3月 9日 (火) 01時21分

もしも”ソマチッドと714Xの真実”という本にご興味のある方がいらっしゃいましたら、こちらのサイトをご覧になって下さい。こちらから本を購入できます。(注文すると一週間以内に本が届きました。)
私は、本当にこの本に出会えてよかったと思っています。たくさんの人に読んでもらいたいくてブログで紹介したら、友人に貸出したりしています。

http://www.gaston-academy.org/


ガストンネサーンはソマチッドを発見し、多くのガン患者を治癒しました(治癒率75%。通常のガン治療を行っていない患者は全員完治。)。しかしその偉業のために医学会や製薬業界からの怒りを買い、母国から追い出され、その後カナダでも裁判にかけられられました。終身刑にされそうになったのですが、世界からガストンネサーンに助けられた患者たち(医者や裁判官や有名人含む)が証言台に立ち、また助けられた多くの人たちが裁判所の前でデモを行い、一転無罪判決となりました。

今から20年も前の話です。すでに、この時、副作用のない人間の体に優しい治療方法でガンの治癒が可能となっていたのに、なぜ未だにガンは恐るべき病のままなのでしょう。

ガンの代替医療を行っている医師として私が知っているのは”鶴見クリニック”の鶴見隆史先生とガストン・ネサーンの714Xの治療を行っている”イーハトーヴクリニック”の萩原優先生です。どちらも自由診療の病院です。※萩原先生がガストンネサーンによるガン治癒率を再現できているかはわかりません。。
http://www.tsurumiclinic.com/index.html
http://www.ihatovo-clinic.com/guide.html

投稿: rara | 2010年3月 8日 (月) 22時44分

二回目で失礼いたします。

今回わたくしなりに考え気づかせて頂いたのが、

情報を発信して頂く方の存在が大切なのと同時に、


情報を受ける側が
受け入れる準備が出来ている事も大切だと思いました。


かりに自宅にパソコンがなくても、

健康で日常生活を送る事が出来る大部分の方は
携帯のインターネットやインターネットカフェで情報収集する事が出来ると予想されます。


逆に本人が周りの情報をシャットアウトしていれば

誰かが丁寧に資料をプリントアウトして説明したとしても
受け入れる事は出来ないと思います。


健康の話に限らず、私はそんな例をたくさん目にして参りました。


そして、私自身にもそんな面があるかもしれません。


心をニュートラルに保つ大切さに気づかせて頂きました。

ありがとうございます。

投稿: 花 | 2010年3月 8日 (月) 19時51分

こんにちは。コチラの本文の以下「妻の伯父の末期癌、余命3カ月で相談を受け、西洋医学に見切りをつけ補完代替医療という選択肢があることを教えました。彼は2カ月で見事に克服しました。」と言う部分ですが,私の友人で若いガンを宣告された人がいます。彼にもその「補完代替医療」を選択できるのかどうか知りたくおもいました。この「補完代替医療」とは,どのような方法なのでしょうか?お教えいただけましたら,ほんとうにありがたく存じます。clubpiscestulip

投稿: リリス | 2010年3月 8日 (月) 17時18分

はじめまして。
しばらく前より、武山様のブログは意見しております。
本日も、ガン治療に対する興味深い記事を有り難うございます。
早速小生のブログでも掲載させて頂きました。
若い頃は、医師は病院に勤務するのが当たり前と思っておりましたが、最近は療養しながら予防医学に興味を持ちつつあります。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
http://badenbadenjpn.blog110.fc2.com/blog-entry-17.html

投稿: ドクター温泉狂 | 2010年3月 8日 (月) 15時43分

はじめまして。
武山氏のブログも良く拝見させて頂いております。
いつも情報ありがとうございます。
癌は真菌によるものであるという情報は非常に勉強になりましたので、自分のブログでも掲載させて頂きました。
今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: Jun | 2010年3月 8日 (月) 14時13分

追記です。

誰かが悪い(政府、医療業界、病院、金の為に動くタレント)とかか云うのは抜きにして、マッチポンプ社会に、いい勉強をさせて頂いたと前向きに考え、善悪関係なく、あちら側もこちら側も、みんなで手と手を取り合って、仲良く理想的社会を作り上げたいのが本音です。

争い、憎しみあいは止めたい。

だから、本当の医学が飛躍的に進歩する事が解ったなら、本の出版を分かり易く出版してくれる会社が出てきて欲しいですね。ここでも、出版の権利とか、どうでもいいです。気づいた出版社から何冊も出して頂きたい。兎に角、どこの世界も足の引っ張りあいでは無く、分かち合う歓びが優先される世の中が来て欲しいです。

出版業界じゃなくても、異業種でも、何でも良いです。兎に角、気づいた者から手と手を取り合ってです。

そうすれば、言い方は宜しくないですが、底次元側にいた方も気が変わって、気づいて違うやり方に参加出来ますし、本人が癌にかかった時も、マッチポンプ医療以外の医療を選択出来る訳ですから、本人にとっても嬉しい筈です。

新しい地球では、選挙も無いらしいですね。みんな1人1人オーラが見えるから、嘘をついても、すぐバレるらしいです。
兎に角、善悪関係なく、気づいた者から自分なりに正しいと思える行動にと思ってます。

善悪、敵味方は問題では無く、一刻も早く、正しく良い医療(それ以外のどの分野でも)みんなで分かち合い、世界的に有効的友好利用出来る社会早期実現に尽きると思います!!

兎に角、全世界の人々お互い、恨みあい、憎しみあい、つまらない価値観は脱ぎ捨てて、みんなで理想郷を作り上げたいのが本音です。

投稿: 通りすがり | 2010年3月 8日 (月) 12時14分

以前、書き込みさせて頂いた、通りすがりです。
今、まさに家族の中に結構進行している癌の者がいます。マッチポンプの餌食になると思ったら、悔しくてたまりません。早速、上の方が書いてある本を試しに読んでみようかなと思ってアマゾンに検索かけましたら、かかりませんでした。

矢張り、もう知ってて知らないふりをする政府、マスメディアや医療業界、知ってて薬品会社に勤める人々、また薬品会社のCMに金の為出るタレントは、残念ながら責任を問われる世の中がきても、しょうがないですね。

二極化する、どちらかを選ばなければならない、進化する(五次元地球)には、しょうがないですね。

時間軸に別れていて、個人的な価値観の元、体験する地球が別れくると最近思ってます。

必然的に、おさらばするシステムとはおさらばするのでしょう。

例えば、未来から来た男ジョン・タイターは彼の体験した地球では、北京オリンピックは中止になり、第3次世界大戦が勃発したとあります。しかし、自分の体験した地球は、取り敢えず、北京オリンピックは無実終わりました。矢張り、個人の選択、カルマによって、体験する地球は変わってくるのかなって、思ってます。

金の為に動くものは、個人の勝手ですが、体験する時間軸のズレにより個人、個人変わってくると思います。必然的に高次元に手を出せなくなると思います。気ずいた者が諸悪の根元と離れられるかどうか選択するかによって、何となく個人個人体験する地球は変わってくるのかなと最近、思ってます。
知ってて、知らぬふりも結構ですが、必然的に自分の首を絞めるように創造主は動くと思います。

投稿: 通りすがり | 2010年3月 8日 (月) 02時24分

いつもありがとうございます。


「奇跡」は存在するものだからこそ
奇跡という言葉もあるんですね。


今の私が在るのは、自然治癒力について知る機会を頂き、
そして受け入れることが出来たからです。


そうでなければ今
ブログの書き込みをさせて頂けなかったと思います。


健康だけに限りませんが
全ての人間は素晴らしい力を秘めているのだと最近少しづつ気づかせて頂いてます。


ありがとうございます。

投稿: 花 | 2010年3月 8日 (月) 00時24分

”ソマチッドと714X”という本を読んだことはありますか??
ガストン・ネサーンが発見したソマチッドサイクルによって、自然治癒力とガン完治の謎が科学的に証明できると私は思っています。お勧めの一冊です。
ガストン・ネサーンの生涯とソマチッドを知り、私の人生観は変わりました。
”マティアスラス博士の告発”というサイトもとても参考になりました。
もしよろしかったらご覧になって下さい。

投稿: rara44 | 2010年3月 8日 (月) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33675385

この記事へのトラックバック一覧です: 癌真菌説に対する現役の医師からの投稿:

« 内閣支持率更に下落 36%に! | トップページ | ここに来てノンリコースローン問題が火を噴きそうです »