« ユーロの底が抜ける可能性 | トップページ | 本当のマスコミ情報は? »

ひとりごと、ぶつぶつ

http://satoru99.exblog.jp/d2010-03-19

 私が時々見に行くサイトに表記のブログがあります。このブログの3月19日の記事に「ふるやの森」を取り上げたものがあります。皆さんもぜひ読んでください。

 私はふるやの森の記事は真摯に対応して書いていると思います。問題なのは読み手です。まさにピンからキリです。中にはこれが真面目な大人(?)の言う事か、と疑問に思わざるを得ないコメントがあります。

 そこで、私は敢えてふるやの森の管理人さんに提言した事があります。余りにも酷い内容のコメントはどんどん削除したらどうか、と。そうしたら、もう一度良く考えてからにします、というお返事でした。

 そうしていたら、昨日、ひとりごと、ぶつぶつ、というサイトで、ふるやの森の事を取り上げていて、つい頷いてしまいました。ですが、私からもひとことあります。それは、人類の危機が刻一刻と迫っている、という事です。気楽に構えている暇はないのです。いったいこれをどうするのか。

 つまり、宇宙からのチャネリングメッセージが実現しなかったからそれはなぜなのか、と考えている暇はあるのでしょうか。ふるやの森の管理人はその事を一人で真剣に考えて次の手を打ったのです。いま、サ・ルー・サやシェルダン・ナイドル、アシュタルなどのメッセージを翻訳掲載する事を中断してまでその事を書いています。要するに、かの管理人にしてみれば、その事を未解決にしたまま次の記事を掲載する訳には行かなかったのです。

 いまでも不愉快なコメントの投稿は続いています。ふるやの森はそれも承知で削除せず掲載し続けています。皆さんはこの事をどう判断されますか。

 私は一昨日から日帰りで出張していて、帰りに読書をしていました。その本はある有名な外国人で日本人の女性と結婚して本を多く書いている人物です。その人物が書いた昨年11月の徳間5次元文庫の本を読んで、余りに興味本位の内容に唖然としました。きちんと理解もしないで、ただ勢いに任せただけで書き進めているのです。ちなみに言うと、アシュタルの事を取り上げ、今から30年ほど前に届いた「ヴリロン」という高官のメッセージも掲載していますが、アシュタルがどういう存在で、ヴリロンがどういう立場の存在であるか全く理解していないのです。ただ、謎だ、としか書いていないのです。謎でも何でもいありません。確かなアシュタルからの警告のメッセージなのです。

 同じ徳間の5次元文庫の中にPICOという人物の書いた「まもなく地球は優良惑星になります」という本があります。この中にこのヴリロンという存在からのメッセージが掲載されているのです。ちょっと引用してみましょう。

 「今から30年以上前の1977年11月26日、英国のテレビ・ニュース放送に未知の星から来たETが出現し、英語で600語の声明を生の声で放送した。アシュタル・ギャラクテイック・コマンドの代表ヴリロンVrillonと名乗るこのETの声明は3分47秒続いた。英国政府機関はその信号を必死に遮断しようとしたが失敗した。ヴリロンは、私たち地球人類を待ち受けている危険についてその時こう話した。『彼らは(イルミナティのこと)皆さんのエネルギー、皆さんがお金と呼んでいるエネルギーを皆さんから吸いとって、そのお返しに、皆さんには役に立たないカスでしかない不吉な結果をもたらします』(中略)1977年のライブ声明以前にも、確かにアンドロメダから地球に来た人々がアシュタル・ギャラクテイック・コマンドの一員であることを告げ、欧米人に先進宇宙文明の存在を知らせたり、彼らの宇宙技術を何人かの天才にひそかに伝えた事があった。しかし、そのアシュタル・コマンドの代表がみずから銀河連邦の使者として、直接、英語圏の人々にメッセージを発したのは異例の事である。」

 私はこの本の著者が誰であるかは名誉のため伏せて置きます。しかし、この危機が迫った重大な時に、こういう巧妙に取り繕った内容の本を出し、しかも充分な考察もしないで読者にことさら疑問を持たせるような事はどうでしょうか。チャネリングメッセージはあくまでもチャネリングでしかありません。その証拠など、もともと存在しないのです。この本は実に不可解な内容です。

|

« ユーロの底が抜ける可能性 | トップページ | 本当のマスコミ情報は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふるやの森は、日本におけるチャネリング・アセンション系ブログでも最も有名な部類になるでしょうね。
ですが、そういうブログを書いている方や賛同している方たちをみると、まだまだアセンション(ワンネス)の思想とは程遠いところにいるように思えます。
ワンネスの思想があれば、たとえどんな考え方の人がいても頭ごなしに否定などできるわけがないからです。
そのような人たちですらそうなのですから、アセンションはまだまだ遠いんだろうなぁと感じています。
チャネリングメッセージは予言ではなく、人類の想念を少しずつ変えるためのものなんじゃないかなと思います。
現実は想念から作られるとか引き寄せの法則とか、チャネリングメッセージにも結構出てきますしね。

投稿: ゆきの子 | 2010年3月21日 (日) 01時42分

いつも有難うございます。
ふるやの森さん、翻訳作業に大変な苦労をされて、頭が下がります。

しかし!!
メッセージのミスが3回続き、多くの期待を寄せたサポーターを無くしてしまいました。
勿論、チャネリングメッセージ送った相手にも原因は有ります。

投稿: ★もーたん | 2010年3月20日 (土) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33854300

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと、ぶつぶつ:

« ユーロの底が抜ける可能性 | トップページ | 本当のマスコミ情報は? »