« 民主党が用意している家賃取立規制法案が日本経済のネックになる? | トップページ | 北朝鮮・金総書記に3600億円の隠し金発覚! »

タイのデモはクーデターに発展する恐れはないか?

 タイのバンコックでデモがエスカレートし、軍事施設へのデモの拡大が懸念されています。ここに至るまでのデモはおおむね平和的に運営されていましたが、国民のいら立ちは根強く、軍事施設へのデモに拡大しそうです。

 また、一方でギリシャのゼネストは収束したとは聞いていません。フランスではサルコジの与党が地方選挙で敗北したというニュースが入ってきています。中国も不気味です。いま中国では沿岸部の労働力不足が顕著で、内陸部での仕事が増え、沿岸部での厳しい労働を嫌って賃金は多少安くとも内陸部での就労に雪崩を打って労働者が移動しており、中国も不安定要素がヒートアップしています。

 アメリカやイギリスでもいつ事件が勃発するか知れたものではありません。一度これらが火を噴くと、世界は収拾が付かなくなる恐れがあります。

タイのタクシン元首相支持派、総選挙を求め軍施設へ行進

3151525分配信 ロイター

 [バンコク 15日 ロイター] タイの首都バンコク中心部に集まったタクシン元首相の支持団体「反独裁民主統一戦線(UDD)」は15日、アピシット政権の退陣と下院解散・総選挙の実施を要求し、首相が設置した治安維持本部がある軍施設に移動し始めた。
 UDD(通称赤シャツ隊)は、政府が15日正午までに解散・総選挙の要求に応じなければ、大規模なデモを展開すると宣言していた。
 首相は早朝のテレビ演説で「誰もがそうしたことは行えないと思っている。抗議者も含めて、人々の要求に耳を貸さないというわけではない。法律の下、われわれの国が、今だけのためでなく将来のためにも前進することを望んでいる」と語った。
 先週12日から始まり、14日の大規模反政府集会に至った抗議活動はこれまでのところ平和的なもので、シンボルである赤いシャツを着たタクシン氏の支持者らは平和的な抗議活動を続けるとしている。しかし、15日の行進が衝突を引き起こす可能性もある。
 政治的な緊張の高まりにも関わらず、タイ株式市場への海外からの資金流入は継続しており、過去3週間の資金流入は8億1200万ドルとなっている。
 15日のバンコク株式市場は小幅上昇している。
 赤シャツタイの主導者らは、暴力に訴えない平和的な抗議活動がアピシット政権に対する圧力となり、総選挙につながることを望んでいる。
 抗議活動を主導するWeng Tojirakarn氏は、軍施設のまわりを行進すると述べた。
 軍のスポークスマンによると、軍施設のまわりには約3000人の兵士が配置され、避難用ヘリコプターが準備されている。

|

« 民主党が用意している家賃取立規制法案が日本経済のネックになる? | トップページ | 北朝鮮・金総書記に3600億円の隠し金発覚! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33786752

この記事へのトラックバック一覧です: タイのデモはクーデターに発展する恐れはないか?:

« 民主党が用意している家賃取立規制法案が日本経済のネックになる? | トップページ | 北朝鮮・金総書記に3600億円の隠し金発覚! »