« まったく異なる二つの新聞記事報道 | トップページ | 1918年に突如流行したスペイン風邪について »

生活保護世帯急増! 130万世帯に

 これは今年の数字です。ちなみに、生活保護世帯が100万世帯を超えたのは2005年度です。この時は、小泉構造改革により経済が急落し、初めて100万世帯を超えた、と問題になったのですが、それから5年を経過して30万世帯増えたという事は、何を意味しているのでしょうか。他でもなく、日本は急速に貧乏になっているという事の証しなのです。

 参考として、この時の共産党の機関紙「赤旗」の記事を掲載しておきます。なおその後に今日のネバダの記事を現在の状況として貼り付けておきます。

生活保護世帯急増 100万世帯に! 構造改革が原因

生活保護世帯が二〇〇五年度月平均で初めて百万世帯を突破(六日発表、厚生労働省調査)したことは、小泉「構造改革」路線が生活困難者を急増させている実態を改めて浮き彫りにしました。

 〇六年七月の保護世帯(速報値)もすでに百六万八千五百二十三世帯(受給人数百五十万四千百八十六人)となっており、〇六年度月平均保護世帯も過去最高を更新しそうな増加ぶりです。

 〇五年度について、保護世帯の主な内訳は、「高齢者世帯」の四十五万一千九百六十二世帯、「障害者・傷病者世帯」の三十八万九千八百十八世帯、「母子世帯」の九万五百三十一世帯となっています。

 政府は、「歳出削減」の名のもとに、生活保護費の大幅カットをすすめています。七十歳以上の高齢者に支給されていた老齢加算を、〇四年度から段階的に縮小し、今年四月から廃止しました。

 さらに、七月に閣議決定した「骨太方針2006」には、(1)母子家庭に二万円余を加算する母子加算の廃止(2)衣食や水光熱費など生活保護の中心となる「生活扶助基準」の引き下げ(3)自宅を持つ人に生活保護を受けにくくする「リバースモーゲージ制度」(所有不動産を担保に生活資金を貸し付ける制度)の導入―などを〇七―〇八年度に実施することを明記しました。

 生活保護の削減を社会保障費抑制・削減の当面の標的と位置付けています。(小林拓也)

急増した生活保護数

181万1335人
これは昨年12月時点の【生活保護を受けている人数】ですが、1年前に比べ20万4632人増加しており、このままいけば1年後には200万人を突破することになりますが、実態は物凄い勢いで増加しており今年6月には200万人を突破するかも知れません。
【生活保護を受けている世帯】は1年前に比べ14万7814世帯増加し130万7445世帯に上っています。
この増加ペースは月平均で<12,317世帯>となりますが、12月は11月に比べ<13,994世帯>となっており平均を13%以上上回っており、景気悪化が進んでおり、今や月間増加数が15,000世帯を超えているかも知れず今後、加速度的に生活保護世帯が増加するのは必至だと言えます。
200万人が生活保護を受ける日本という国ははたして裕福と言えるでしょうか?
また、朝のTVで報じていましたが、大阪は税収の半分が生活保護費になってきており、このままいけば大阪は財政破たん必至と報じ、そしてこれが日本国破たんにつながると結んでいました。
いまだ殆んどの日本人は日本は大丈夫と思っていますが、徐々に日本の土台が崩れてきており、多くの日本人がその事態に気付いた際には全てが手遅れになっている筈です。

|

« まったく異なる二つの新聞記事報道 | トップページ | 1918年に突如流行したスペイン風邪について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

非常に底の浅い日本の実態です。
預金無し、家の返済の残債有り、公立高校の入試の倍率上がる…、もしも親が病気か事故になったら…。

先を憂いる事ばかりです。しかし、かたや海外旅行に行く家族、秋の連休に遊べる家族…。

30年もサラリーマン生活した、我が家に、家族旅行や余裕はいつ訪れるでしょうか。

世を恨んでも仕方なく、死ぬ迄地道に、生き抜く!!

こんな人達同志が手を組み合わせて、政治や国等に依存しない、新しい生き方を模索中です。
一部の人間の為に、多くの人も資源も、ストローの様に吸われる社会は、終焉させる時が近づきつつあります。
メイク・イット・ハップン!

投稿: ★もーたん | 2010年3月 5日 (金) 03時57分

以前、こちらに書き込みさせて頂いた、通りすがりです。今回、また書き込みさせて頂きます。

武山さんは、ハギジン出版から出ている田村珠芳さんの
①まもなく宇宙人が到着します
②これから宇宙人が救いにきます
③すでに宇宙人が話しかけています
④いつも宇宙人があなたの間近にいます
シリーズをご存知でしょうか。自分は、このシリーズ全部好きで、買わせて頂いているのでが、読みやすくて、大変面白いと思います。まだ、読んでいないなら、興味があれば是非、武山さんに読んでみて欲しいです。

最近出た最新作の「いつも宇宙人があたなの間近にいます」は、全ての崩壊は自分的にポジティブに捉えています。宇宙の大創造主によってもたらせてる崩壊だと信じたいとおもいます。来るべき、お金の要らない、フリーエネルギー、病気の無い世界で、宇宙創造主の与えたプレゼント自由意志により創造されたルシファーの末裔と呼べそうな、何処かのクソ強欲、底次元宇宙人、次の転生は底次元星転生決定??の為、びびってる人間なりすましの何者かは、高次元アセンション宇宙人に適わないて事をそろそろ、判らせましょう。

働く価値観なんて、底次元組が自分達の都合の良いように作った価値観ですよ。これからの地球には合いません。もう、お金、権力、物欲とはおさらばですよ。我々今を生きる人間は自分を含め、その勉強は転生の繰り返しにより、その学びは卒業したいと、今の地球に産まれている全人類に対して、自分は思っています。また、このコメントを書く事により、奴らの奴隷のようにクソ価値観を押し付けられ、命を落としている全人類が少しでも減る事を願うばかりです。

何故、今回ちょっと過激な上記のようなコメントを書いたかと申しますと、上の私が紹介した本の最新作で、大変共感したのですが、株や金は終わり、大学を卒業しても仕事はなくなります。人が喜んでくれる事をやる人が生き残る時代になるからです。①お金を出す人②知恵を出す人③労力を出す人 です。
武山さんは知恵と労力を出して、来るべき黄金時代の為に情報をかき集めてブログを更新なさってますよね。自分もお金を出して、上の本を買い、来るべき黄金時代早期実現の為、知恵と労力をちょっぴり使い、集めた情報を個々に書き込みした訳です。

で、また本の抜粋ですが、何故働く価値観が古いと自分が少し過激な書き込みをしたかと申しますと、五次元生活(因みに今の地球は三次元)に入ったら、「働かざるもの、食うべからず」等と云うことは一切ないそうです。食べ物、欲しい物は全部持って帰れます。乗り物にしても、乗りたいと思ったらスッと小型の宇宙船が来てくれるそうです。腹が減れば、店があり無料でいくらでも食べる事が出来き、みんな心が平和で優しく、愛に溢れているから、争いがなく、食べ物は自分が満足と思ったら、そこでやめればいいだけ。
みんなが、自分の得意な事をして、それを公共の場に提供する。篭を作るのが得意な人は、作った篭を出しておけば欲しい人が持って帰ります。そういった仕組みは物々交換と言って言い訳ですが、そこに奪い合いはありえません。だから、お金はいりません。お金なんて、何でいるの?と云う感じです。公共の施設では、コンサートやお祭り等が頻繁に開かれている。歌やダンス、芸術、文化がなどが見られます。お金は一切かかりません。自分が出演したいなと思えば、そろもたま自由に参加したり出来ます。自分の技術を磨きたいと思えば、もっと上手な人の所に行って教えてもらったり。

じゃあ、何の為に生きてるの?楽しむ為に生きている。それが五次元世界です。ここでは、所謂お金を稼ぐ為の労働は無い。何故なら、みんなロボットがやってしまうから。
仕事はないのが基本。
袖の下も通用しない。
悪い事をして、見逃してで違法駐車で1万円を袖の下から出すのも、あちらの世界では相手がロボットだから無理です。
こうなると、みんな働きたくてしょうがなくなるそうです。人の為に、役立つ事をしたくなる。中には、市長をやってみたいとか。そういった場合は、順番で市長をやります。何処かの星のように、金儲けが目的ではなく、反対に市民の為にどれだけ役立てるか、貢献出来るかが歓びですから、順番待ちも次元が違う。兎に角、五次元社会は、想像以上に楽しい社会が待っているそうです。

でも、人類は化学の常識にマインドコントロールされているから、ニュートンの万有引力や、アインシュタインの相対性原理に縛られている限りは、宇宙に出られないそうです。

FRB崩壊、バチカン崩壊、今のアメリカ崩壊、新しいアメリカがくれば、一歩近づくそうです。

因みに、オバマは金星人、金正日(すでに死去)の父親は、日本人らしいですね。まあ、我々全人類も何処かの宇宙からきた、1人1人がみんな宇宙チリなプラズマの神だと思いますが。

兎に角、これからのの自分は個人的に人間のの常識を全部疑ってかかるぐらいの勢いで世の中を見たい所まできています。権力に怯え、老朽化した価値観にしがみつき、金や利権や欲望に溺れてマインドコントロールに雁字搦めになって保身に走っている連中は、結果的に此からは、自分の首を絞める時代になると思います。

長々、書かせて頂きましたが、自分としては、兎に角、此を覗いている多くの方々の為に上記のような本を読んで頂き、来るべき黄金時代到来のお手伝いを微力ながらも、繋がればと希望を込めて書かせて頂きます。

投稿: 通りすがり | 2010年3月 5日 (金) 03時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33636285

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護世帯急増! 130万世帯に:

« まったく異なる二つの新聞記事報道 | トップページ | 1918年に突如流行したスペイン風邪について »