« デパートの売上24カ月連続減少! | トップページ | ユーロの底が抜ける可能性 »

ルドルフ・シュタイナーのバイオ・ダイナミック農法

 ちょっと気になる項目があったので短く書きます。先の高城剛氏のブログで全く予期してなかった記事に出くわしました。それは、人智学者ルドルフ・シュタイナーの唱えたバイオ・ダイナミック農法の事です。このシュタイナーのバイオ・ダイナミック農法というのは、余り多くの人はご存じありません。日本では九州地方の一部で実践されていて、農薬も化学肥料も全く使わず、宇宙(天体の運行と太陽系の動きを中心として計画された摩訶不思議な)のリズムや地中の微生物などの力を用いた農業なのです。

 詳しい事はルドルフ・シュタイナーの著作が最近たくさん刊行されていますのでそれを参照していただきたいのですが、ちょっと科学知識を応用した現代農業とは趣の違う農法なのです。私は、高城氏がこの農法を取り上げているのを知ってちょっとした驚きを禁じ得ませんでした。牛の角を使用した肥料の作成方法や、散水に使う水のかき混ぜ法、月や木星の位置を調べて作物を植え付ける時期を知ったり、微生物の生きた使い方を見る有機農法など、実に神秘的な方法を実践します。愛媛県に在住した福岡さんの自然農法ともちょっと違います。

 それをまだ若い高城氏が知っていて、推奨しているところに、ある不思議とシンクロニシティを感じます。現代という時代は実に古いものと新しい考え方が混然一体となって存在している、ちょっと複雑な理解し難い時代だと見ました。これは大変面白い現象です。もっと時間があったら、深く掘り下げてご報告したいと思います。ですが、皆さんもこの事を覚えていて、場合によったら自分で研究してみる価値があります。ヒントは「何年か前に出版された「土壌の神秘」という本と「植物の神秘生活」(ピーター・トムプキンズ:クリストファー・バード著:工作舎刊)という本です。

|

« デパートの売上24カ月連続減少! | トップページ | ユーロの底が抜ける可能性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます。


私の場合農法ではありませんが、

着物や昔の生活文化を見直しております。


免疫力と日常生活の関係が少し分かってきました。


もちろん、現代における健康への影響は過剰なストレスもおおいに関係あると思います。


良くもわるくも、毎日の積み重ねは大きいですね。


スケジュール手帳は通常の暦ですが、
部屋のカレンダーを数年前から十三月の暦にかえ、
月の満ち欠けにそって生活しております。


ありがとうございます。

投稿: 花 | 2010年3月20日 (土) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33847797

この記事へのトラックバック一覧です: ルドルフ・シュタイナーのバイオ・ダイナミック農法:

« デパートの売上24カ月連続減少! | トップページ | ユーロの底が抜ける可能性 »