« ギリシャ支援問題 | トップページ | 表面化し始めた中国の矛盾! »

紛糾する郵政民営化改革案

 そもそも郵政民営化に当たって民主党の現執行部の態度が曖昧だからこんな事になるのです。小泉構造改革によって郵貯・かんぽの資産が不当に売却されそうになったり、郵貯資産が外資に狙われるのを防ぐために亀井大臣他が努力しているのを民主党幹部はちゃんと理解しているのでしょうか。

 総理の指導力もまったく情けない。発言が二転三転しては何を信じていいか皆目分かりません。こういう風に私が民主党政権を批判すると、私がそもそも民主党が嫌いなんだろう、という人がいますがそれは全く違います。見当はずれです。

 私が、民主党を批判するのは理由があります。日本の現状を理解せず、雇用を破壊し、賃金を目減りさせるデフレを是正しようともしないからです。そのうえ、子ども手当などという訳のわからない税金の使い方をし、選挙のための目先の政策しかやろうとしないからです。外国人参政権や高校無償化などがその典型です。今まずやらなければならないのは、国民の生活を守る事です。口先だけではいけません。言うだけなら誰でも言えるんです。しかも、その口先でさえ日々ぶれています。税金問題もそうです。これほど税収が落ち込んで来年、再来年の予算さえ組めないという事態なのに、御自分は脱税さえしかかっていたのですよ。これは、言葉は悪いですが一国の総理大臣の犯罪行為です。普通の国なら即逮捕されます。それでいて、国民に増税の負担を強いたり、公平な納税を求める談話を出したり、良くできますよ。もうこれ以上は言いません。私は、鳩山総理が個人的に嫌いな訳ではないのです。一国の総理大臣ともあろうお方が、余りにも気楽に政治を弄んでいると思えるから批判しているのです。もっと国民の心に立って政治をしてください。言う事はそれだけです。

 前置きが長くなりましたが、今問題になっている郵政民営化改革法案はもっと真剣に閣僚全員で取り組むべき問題です。言った言わないのような次元の低い考えでは郵政民営化を考える資格はありません。そもそも世界のどの国も郵政事業は官営なのです。それをわきまえない政治家が多すぎます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000083-mai-pol

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00001395-yom-soci

|

« ギリシャ支援問題 | トップページ | 表面化し始めた中国の矛盾! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33993874

この記事へのトラックバック一覧です: 紛糾する郵政民営化改革案:

« ギリシャ支援問題 | トップページ | 表面化し始めた中国の矛盾! »