« 聖マラキの予言は正しいのか? | トップページ | 落ち込みが続く日本の工作機械製造額 »

消費税10%台半ば?

 今日は夕方から無性に眠くてベッドにもぐりこんで真夜中に眼が覚めました。ですから、長文を書く積りはありません。で、PCを開いて見て驚きました。大塚副大臣という人物が消費税10%台半ばを目指す、と表明したそうです。最期の最後に来て消費税を今の3倍にするんですか。

 まあ、衆議院で300台を超える大幅な議席増を勝ち取ったんだから、何を言っても許されると思っての発言でしょうが、奢るのもいい加減にしないと、その内ひっくり返されますよ。国民をばかにしちゃいけません。内閣総理大臣が率先して脱税をしておいて、ばれたから税金を払えば済むと思ったら大間違いです。そもそも増税の目的は何なのですか。子ども手当の創設や地球温暖化防止のためと称して二酸化炭素排出量を25%も削減するためでしょう。その財源をほとんど国民におしつけるためではないですか。

 そのうえ、企業の法人税を30%台に減税する、とも言っています。欧米をみると企業の税率は日本よりも遥かに低いというのがその理由のようです。ですが、その根拠となっている数字は何ですか。企業の利益が欧米よりも低いというのではありません。日本の経営者は欧米に比べて給与がケタ違いに低いというのが本当の理由です。ま、要するにそういう事です。そのうえ、大企業には消費税の戻り税というカラクリがあるのです。トヨタにいくらの戻り消費税があるか、国民に明らかにしてみて下さい。消費税が3倍になれば戻り消費税も3倍になり、ウラで喜ぶのはトヨタやキャノンのような輸出で儲ける大企業だけです。

 このうえ、金持ちを儲けさせてどうする積りですか。アメリカでは、所得格差がブッシュ時代に大きく広がりました。GMやクライスラーの経営者たちが自家用飛行機で議会に乗り込んだのを貴方達は知っているのですか。自分の会社を国民の税を使って救済して貰うのに、自家用ジェットで乗り込むとは何と言う神経ですか。

 もう言うのもバカバカしいから止めます。事業仕分けは何のためにやっているのですか。増税を図るためにやっているのではない筈です。こんな事を平気でやる国や政党は早晩滅びます。

|

« 聖マラキの予言は正しいのか? | トップページ | 落ち込みが続く日本の工作機械製造額 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

消費税が15%。
中小、零細企業は消滅し、大企業がすべての市場を独占する世界がきますね。
味気ない、生きがいのない世界が始まるのでしょう。
政治家と巨大企業だけがほくそ笑む世界です。
そして、インフレの世界です。
日本人の無邪気で明るい美しい世界が消え去るのかもしれません。

消費税は0%にするべきです。そして、累進課税を巨大企業にもっとかけること。そして、労働者給与を上げることが再生の道です。

投稿: kenshin | 2010年3月22日 (月) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33876688

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税10%台半ば?:

« 聖マラキの予言は正しいのか? | トップページ | 落ち込みが続く日本の工作機械製造額 »