« 世界中の政権与党の支持率が極端に低下している! | トップページ | 民主党が用意している家賃取立規制法案が日本経済のネックになる? »

明窓出版社長からの気になるメッセージ

 明窓出版の増本社長から私宛に気になるメッセージが届きました。信じる、信じないは別にして、ちょっとそのままにして置けない内容です。当時の佐藤栄作首相からのチャネリング・メッセージのようです。私自身はまだ読んでいません。どなたか読んでいる方があったらぜひコメントでお知らせください。ただし、増本社長も言っておられるようにあくまでもチャネリングですから、信用できない、といわれる方は、どうぞ無視してください。

明窓出版 社長 増本氏からのメッセージ(2010.3.15)

核持ち込みの密約がマスコミを通じて連日報道されていますが、「異次元からのメッセージ」では、12年も前に佐藤栄作元総理が「密約は当然!」と言明しています。
ただ、こういった分野は受け入れられない……というお人はどうぞ無視してくださるようお願いします。増本

http://www.meisou.com/item_detail/itemId,314/

 本書に掲載されている故佐藤栄作氏のチャネリングでは、佐藤氏ご本人が「核の密約」をあっさりと認めている。
 「アメリカが何の交換条件も無しに、沖縄を返還したとでもお思いか? キッシンジャーは沖縄を返す代わりに米軍の核持込みを黙認しろと言って来たんだ。それにNo!と言える立場だと思うかね? 本来なら戦勝国であるアメリカは、日本を分割統治してもいいくらいなんだ。とにかくそんな甘いものではないんだよ……。君たちには表面しか見えないから政治家が悪く見える。私だって言いたいことは山ほどある……。しかし、言えないんだ。軽々しいものの言い方はしないでくれ給え。それでは……」 
(これは2002年9月に発刊された、この本の親本と言うべき「千の風インタビュー」に掲載済み)
 佐藤氏のやり場の無い怒りが伝わってくる。よくよく考えてみれば、アメリカが何の交換条件も無しに沖縄を返したと思う方が不自然だろう。  後 略

|

« 世界中の政権与党の支持率が極端に低下している! | トップページ | 民主党が用意している家賃取立規制法案が日本経済のネックになる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33780390

この記事へのトラックバック一覧です: 明窓出版社長からの気になるメッセージ:

« 世界中の政権与党の支持率が極端に低下している! | トップページ | 民主党が用意している家賃取立規制法案が日本経済のネックになる? »