« 直前の記事は大変重要なものなので録画・保存してください | トップページ | 癌真菌説に対する現役の医師からの投稿 »

内閣支持率更に下落 36%に!

 内閣支持率がさらに下落しています。支持率は36%にとどまり、不支持は過半数を超えています。これでは夏の参議院議員選挙は圧倒的に民主党に不利になりました。恐らく内閣改造は7月の選挙前に前倒しして行わざるを得ないでしょう。

 その前に沖縄の普天間基地問題の解決が控えています。これをクリアしないと幹部の留任さえ危うくなります。控えている地方知事選挙も圧倒的に不利です。

 支持率というのは下がり始めるとなかなか盛り返す事は難しいのです。自民党に見られた長期低落傾向は、結局反転させる事ができないまま総選挙に突入せざるを得ませんでした。結果は悲惨なものでした。もはや自民党そのものの再生はあり得ません。四分五裂というのがふさわしいでしょうが、余りにも惨めです。

 大局的には二元性からの脱却ですが、第三局の方向性が全く見えてこないところに日本の悲劇があるといえます。元の自民党政権には戻りようがないのです。

 新しい風はどこから吹くのでしょうか? そうです。世界は、そして日本も新しい風を求めているのです。いつ、どこで、それが始まるか。つまり、カネと権力に拘った勢力からはその風は吹き上がりようがないのです。それだけは確かです。まったく新しい勢力の台頭が望まれます。

内閣支持率、36%に下落 58%が民主過半数望まず

 共同通信社が6、7両日に実施した全国電話世論調査で、鳩山内閣の支持率は36.3%と、2月の前回調査より5.1ポイント下落し、昨年9月の内閣発足以来初めて40%を割り込んだ。発足時に72.0%だった支持率は半年でほぼ半減した。不支持率は3.8ポイント増の48.9%。不支持理由のトップは「首相に指導力がない」だった。

 夏の参院選を経て「民主党が参院でも単独過半数を占めた方がよい」との回答は28.3%にとどまり、「単独過半数を占めない方がよい」が58.6%に上った。

 「政治とカネ」問題への厳しい世論が背景にあるとみられ、収支報告書虚偽記入事件で秘書らが起訴された小沢一郎民主党幹事長は「幹事長を辞めるべきだ」が74.8%、「国会で説明すべきだ」が86.4%だった。

 北海道教職員組合の不正資金提供事件で関係者が逮捕された同党の小林千代美衆院議員が「議員を辞職すべきだ」も75.4%に達した。〔共同〕 (19:24)

|

« 直前の記事は大変重要なものなので録画・保存してください | トップページ | 癌真菌説に対する現役の医師からの投稿 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

実際はもっと低いと思いますけどね。
とにかく残された道は、自民が保守を全面に出してアピールするしかないですね。
三極の動きはチラホラあるみたいですが、信用出来るのは平沼グループくらいですかね。
どちらにしろ自民と連立するでしょう。
国民が知ろうとしないだけで、自民には埋もれた良い人材がたくさんいます。
足を引っ張る売国を追い出せばいいだけ。
メディアは意図的に自民の存在感を薄めようとしてるようですが、騙されないで下さいね。
今の政権は、まさに日本国民の民度をそのまま表しているのだと思います。
参議院選挙はもう「なんとなく」では済まされません。
一人一人が日本人として覚醒していくことを願います。

投稿: まゅ。 | 2010年3月 7日 (日) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33673857

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣支持率更に下落 36%に!:

« 直前の記事は大変重要なものなので録画・保存してください | トップページ | 癌真菌説に対する現役の医師からの投稿 »