« 鳩山民主党政権の終焉が近い! | トップページ | 一歩前進! »

愚かな駐米大使

 ネバダの指摘はまったく正しいです。愚かだったのはこの件だけではありません。先日、クリントン国務長官とのトラブルも日本側からし掛けたガセネタであったことが判明しています。これを正しく報じたのは日本のメディアの内ただ一社のみでした。何が政治主導ですか。

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2522238.html

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/d/20091223

|

« 鳩山民主党政権の終焉が近い! | トップページ | 一歩前進! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33943362

この記事へのトラックバック一覧です: 愚かな駐米大使:

« 鳩山民主党政権の終焉が近い! | トップページ | 一歩前進! »