« ノヴァ・テラについて | トップページ | 日航の再建に暗雲! »

キャンベル国務次官補の来日中止!

 お早うございます。早速ですが、ネバダ情報もよくぞここまで言い切るものだと感心しました。というのは、クロマグロ問題、イルカ問題、クジラ問題など日本が言われなきバッシングではないかと国民の間で関心が高い問題で、アメリカなど欧米寄りの見解を示したからです。

 はっきり言って、日本人はこれらの問題に対して鈍感です。単に文化の違いだと割り切るわけには行かない深い問題を内蔵しています。同じ日本人ならこの傾向は変わらないはずです。

 しかし、問題の本質は別のところにもあり、しかも深いのです。お前らも肉や魚を食うではないか、と言ってみても始まらないのです。イルカやクジラは普通の魚や動物ではない、と言ったところで彼らには通じないのです。しかし、私は思います。では、日本人は解っているのか、と。

 それを言い出せばいつまでも平行線です。永久に交わらない二本の線と一緒です。私はこの事を追求する積りはありません。これこそ二元性の問題だからです。

 キャンベル国務次官補がなぜ来日を中止したのか。この問題こそ、今の日米関係を象徴しています。

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2492566.html

|

« ノヴァ・テラについて | トップページ | 日航の再建に暗雲! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

少々、この内容とは関係ありませんが、本当に、アメリカが大変な事になっているようです。インフルエンザ騒動が治まって静かな日々の日本ですが、ワクチンに関しては、狂っているとしか言いようがないような状況は、まだ、終わっていなかったようです。

先日、シモンチーニ氏の癌センターの事についてコメントさせて頂いたものなのですが、シモンチーニ 癌 センターに対する迫害が、本当にひどいようです。

迫害の内容が、なぜ?本当に?そんな事までするの?信じられない?というような内容である事を知りました。

本当に、癌マフィア・医療マフィアにとっては、シモンチーニ 癌 センターが、先進国(一応、まだ、先進国なはずですが、、、。)の日本で開設するという事が、大きな問題となっているのかもしれませんが、以下の内容を読んでいただければ、なんとなく、この医療マフィアが理解できるような気がします。

なんなのかは、わかりませんが、人間を削除しようとしている力があって、医師達は、その事実を隠されたまま、なにも知らずに抗癌剤などを使用しているのかもしれません?

ただ、抗癌剤を使用するたびに患者が亡くなるのですから、その回数が多くなれば、どんな医師でも気が付くと思うのですが、、、、?

なにはともあれ、以下の内容を見ていただければと思います。

こちらは、≪ひとりのちいさな手≫さんのインフルエンザワクチンに関する掲示板からの抜粋です。
昨年のものなのですが、今年は、もっと、強力な鳥インフルエンザが蔓延する可能性もあり、参考にして頂ければと思いました。

ロサンゼルス在住、Army所属の女性軍人の告発です。
 その人は、自分の姿が消えたら、軍に粛清されて消されたと思って下さい、と悲壮な面持ちで録画しています。先週、軍の特別訓練で道路封鎖や市民の強制連行の訓練を受け、これから政府が何を行おうとしているかを、始めて知ってショックを受けたということです。
 彼女は、軍の規律上、どうしたらいいのかと2~3日本当に悩んで、自分を犠牲にしてでも、これは世の中の人に警告しないといけないと、ビデオ録画で訴えることを決心した、ということです。 気の毒です。彼女が無事であることを祈りたいと思います。
 
 警告の内容
『全米で、軍・警察は道路の封鎖の訓練がなされている。人々に注射針付きのブレスレットのワクチン接種器をはめさせて(それは半永久的にはめたまま)、拒否した人はワクチン接種拒否により”公衆衛生への脅威となる行為をとった”という罪でバスに乗せられて強制収容所へ。
 その腕輪をしているかどうかを、市中で、または踏み込み操作で、または道路上の検問でチェックされる。ブレスレットといっしょにコンピュータチップ(名刺大の)を渡されて、そのチップは多分、衛星からその人の健康状態や居場所をチェックするもの。 ビデオの後半に出てきます。


 http://www.youtube.com/watch?v=zNrMY9vsiCc

(以下は、Dr.ディーグルのラジオでの発言)
 オバマさんのヘルスケア諮問アドバイザーは、前ブレア首相のアドバイザーでもあり、”優生学(白人が一番優れた人種で、それ以下は人間ではないとする”)を堂々と公言している人物です。

 また、今回ワクチンに含まれていると懸念されている鳥インフルの生ウィルスですが、アジア人、イヌイットやアボリジニ、など、”劣っているとされる人種”をターゲットにしているということです。
 これまでのところ、今出回っているウィルス株では、死亡者が、アジア人は白人の4倍、ネイティブアメリカンは白人の6倍 ということです。

 (Dr.ディーグルの発言はここまで)


 日本にも、この悪夢のような現実=ワクチン強制接種が押し寄せくるかもしれません。なにしろ日本は いまでも米国の戦後植民地なので。 すべてが、映画のように、異常なできごとです。

 CDCが準備している数百万人の簡易かんおけ(コフィン)の山(核がアメリカ本土に着弾した場合や、疫病の蔓延で大量に死者が出た場合に備えて)

   http://www.youtube.com/watch?v=m3zSDdm-SHI

 また、暴動発生時用の、または、ワクチン拒否者の強制収容所(全米 数百か所に建設すみ)

   http://www.youtube.com/watch?v=dJBxdRIQx7Y&feature=related

   
強制収容所への収監や、一般家庭への軍隊の踏み込みを許可した法令は以下(これはマサチューセッツ州で、少し前の8月28日に制定されたもの)

  http://wireofinformation.wordpress.com/2009/08/30/massachusetts-mandatory-vaccine-bill-leads-the-way-to-medical-fascism/
  
 
 また以下は、少し前のものになりますが、連邦議会で議員が暴露した、”政府がいつでもマーシャル・ロー(戒厳令)を敷く用意がある、と脅している” というビデオです。 政府が国民にむかって自国の軍隊で統制を敷くのは、憲法違反である、と訴えています。

  http://www.youtube.com/watch?v=jM7iVmPnQao&feature=related

 
この内容が事実なのかどうか、判断する知識は私にはありません。
有りませんが、インフルエンザワクチンを9900億円購入した日本は、先進国でもトップクラスではないでしょうか?

なぜ、これほど、購入する必要があったのでしょうか?
なぜ、老人や病人から接種しなくてはならなかったのでしょうか?

インターネットでリサーチをすると、その答えとして、年金や医療費用の削減の為、必要の無い人間は削除する計画が日本にもあると出ていました。国民がコツコツと働いて年金を楽しみにして預けたお金を、国民に断りもなく、アメリカのファンドに投資したり、サンピアなどの訳のわからない保養施設を建設し、お金が無くなると、預けた国民を抹殺しようとする。

この内容って、いくら、世界一、怒らない、事なかれ主義の日本人でも、そろそろ、気が付いて怒ってもよいのではないでしょうか?

これらのj法方が、本当に事実かどうか?私には、わかりませんが、、、。

ウクライナのニュースは、私もビデオで見てショックを受けていたのですが、ウクライナの知人に効いたところ、≪誰も、インフルエンザで死んでいないよ。平穏そのものだよ。ニュースもないよ。≫と、のん気に言っていたので、この内容そのものが、何かの情報操作なのかもしれません、、、?

情報が氾濫しすぎていて、事実は、よくわかりませんが、なんにせよ、現在の医療は、信頼できない場合がある。という事実は、患者側は覚悟して、医療の情報を収集し病院にいくほうが良いのではないでしょうか?

一応、ご参考までに。

投稿: 子猫 | 2010年3月17日 (水) 14時14分

今までは、日本人的考えで、バッシングする方がおかしいと考えてましたが、考えが変わりました。

クロマグロ漁は、一旦中止すべきように思ってきました。3年間程、クロマグロの貯えもあるみたいだし、養殖技術が発達してるのなら、クロマグロ漁から手を引くべきかもしれませんね。

個人的には、クロマグロを食べれなくなっても何ら困りませんし、クロマグロ漁を生業にしてる方は、若干こまるのでしょうが、変化しなければならない時代なのかもしれませんね。クロマグロ漁船やクロマグロを出す寿司屋も、カルマの放出と捉え、食べれなくなる日本人も、そう思えば無難でしょう。

食べれなくて、死んだり失業しても、カルマの放出だと思う事にしてる部分も本当はあります。受け入れる事も大切だと。別のやり方を考えて、努力する事も大切だと。


あくまでも、一国民の今思った、素人考えです。

自分がした事は、次元を超えて、自分に帰ってくると、捉えております。日本が世界の雛型であるから、昔それを敢行してスケールが大きくなって、海外から跳ね返りが来たと日月神事的捉え方も出来ますね。損するのも結構じゃじょて、感じで。

どちらを選択すれば良いのか、勉強不足で全然解りませんが、何となく直感的に自分は、上の様な考え方になりました。

投稿: 通りすがり | 2010年3月17日 (水) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33809606

この記事へのトラックバック一覧です: キャンベル国務次官補の来日中止!:

« ノヴァ・テラについて | トップページ | 日航の再建に暗雲! »