« ギリシャでゼネスト発生! | トップページ | 現在イギリスポンドもおかしくなっています »

ドルとユーロのダブル円高!

 為替相場が乱高下しています。午後2時現在、ユーロが120円台半ば、ドルは89円台半ば、といずれもかなりの円高になっており、ユーロは対円に対して1円55銭安で、1ユーロ120円台を割り込むのは時間の問題といえそうです。そして東京市場の株価は午後に入って一段と下げ足を早め、一時110円以上も下げていました。これは、ギリシャのゼネストの影響で、解決のめどは立っておらず、長引く可能性があります。また、これは財政悪化による増税を打ち出したギリシャ政府に原因があり、アメリカといえども対岸の火事だと高をくくっていると、思わぬ飛び火に火傷を負います。

 日本といえども同じ事です。さすがに日本ではゼネストや暴動が起きる可能性は低いでしょうが、今の民主党政権に対する風当たりは、政権幹部が考えているほど甘くはなく、いつ政権の批判が抑え切れず、収拾が付かなくなって、参議院選より前でも、首相や小沢幹事長の引責辞任を求める世論に火がつくか分かったものではありません。特に、衆議院議員の多くは少なくとも3年先まで解散総選挙はないだろうと安閑としていると、とんでもない突発的事件が勃発するか知れたものではありません。一寸先は闇です。その時は、政治家の中でも世間で評価されないものや能力のない者は厳しく峻別され、追放の憂き目に遭ってもおかしくありません。時代はめまぐるしく動いており、真の価値観が確立され、良心に基づかない仕事をする事はタブーです。金権政治に現を抜かすなどもってのほかです。

 今の経済環境の激変は、背景に政治的環境の激変も含んでいます。今、トヨタ叩きが米国を席巻しています。これは、世評が企業の金儲け主義に警鐘を鳴らし始めた証拠でもあり、単に日本企業に対するバッシングだけだと見ると世界の動きから目を逸らされます。

 違うのです。特に多国籍企業は、アメリカの軍産複合体を含めて世界平和を食い物にして金儲けに走った事を厳しく責任追及される日が来るのは間近です。

|

« ギリシャでゼネスト発生! | トップページ | 現在イギリスポンドもおかしくなっています »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33528473

この記事へのトラックバック一覧です: ドルとユーロのダブル円高!:

« ギリシャでゼネスト発生! | トップページ | 現在イギリスポンドもおかしくなっています »