« 民主党政権を動かしているのは誰か? | トップページ | 鳩山内閣の無為無策とお粗末ぶり »

米金融トップの注目すべき!発言

 先ほどネバダ投資情報を通じて、アメリカ金融界のトップの一角JPモルガンの関係者から興味深い発言が伝わってきました。『今の金融情勢は何が起こってもおかしくない』、と。

 ネバダはこれは何か急変が起きる、と見ているようですが、私の見方は違います。JPモルガンといえば、国際金融財閥のトップの一つです。つまり、崩壊しつつあるイルミナティの一翼を担ってきた銀行グループなのです。そのトップの発言である、という事はもっと意味の深い事情がある事を示していると見るべきです。

 要するに、来るべき金融大崩壊につれて、何か大きなイベントが起きる、暗示していると見るのは考えすぎでしょうか。以下に、ネバダ投資情報の記事を貼り付けて置きます。

ネバダ投資情報から   2010.2.26

金融トップの見方

JPモルガンのダイモンCEOは以下のような発言をしています。
『何が起こるか分からない(金融情勢にある』
『大きな潜在的なマイナス要因がある』
 この発言はかなり抽象的な発言となっていますがいわんとする事は『今の金融市場には目に見えないリスクがあり何が起こるか分からない状況にある』という事なのです。
 金融市場トップの認識は余り外部には出てきませんが今回の発言はふらつく金融市場の実態を我々に知らせてくれたと言えます。

|

« 民主党政権を動かしているのは誰か? | トップページ | 鳩山内閣の無為無策とお粗末ぶり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33544737

この記事へのトラックバック一覧です: 米金融トップの注目すべき!発言:

« 民主党政権を動かしているのは誰か? | トップページ | 鳩山内閣の無為無策とお粗末ぶり »