« 昨日の長崎県知事選と町田市の市長選の結果について | トップページ | オバマ大統領とダライ・ラマ14世との会談 »

今後の世界情勢について

皆さんは今の世界情勢についてどのような見方をされているでしょうか。まったく分からないという人も多いでしょう。日本の現状さえ掴みにくいのに、世界の情勢など分析のしようがないと思われているはずです。

しかし、そんな事はないのです。地球はこれから宇宙文明、言葉を換えて言えば、銀河文明の一員に加えられる、と盛んにチャネリング・メッセージは述べています。チャネリングなど信用できるか、と思われる人もいるでしょうが、マシュー君のメッセージにも代表されるように、これがなかなか具体的で、的中しているメッセージが多いのは、チャネリングが無視できない言葉であることの一つの証明です。

特に現在の世界情勢は、やはりアメリカが中心で動いています。そのアメリカ大統領はオバマですが、この大統領は別名シリウスの司令長官、と噂されています。シリウスとは大犬座の主星で、全天第一の光輝を誇り、昔から地球に縁が深いのではないかといわれ、人間に最も親しまれた恒星です。

そのシリウスは天文学的には連星系で、三つの恒星が連なった星です。三番目の星はやっと最近発見された白色矮星ですが、アフリカのドゴン族という先住民族は、部族に伝えられた古い伝承で、すでに昔からこの三番目の星の存在を知っていたということです。つまり、昔から人類とシリウスとは何らかの繋がりがあったのではないかといわれている所以です。

アメリカに在住する有名なチャネラーに、シェルダン・ナイドルという人がいます。そのシェルダン・ナイドルという人物が定期的にチャネリング・メッセージを書いていますが、それが「銀河連邦」からのメッセージという名称で、かなり具体的に書かれたものなのです。

実は、オバマ大統領もシリウスの司令長官といわれているのは、どうもシリウスの№9という立場にいた評議会・指導者階級の地球への生まれ変わりだというのです。そして、オバマは、地球の破滅を救い、地球を変革する使命を帯びているとも言われています。ですから、アメリカを抜きにした世界情勢の分析は意味がないのです。

世界情勢を分析するに当たって、チャネリング情報を参考にするのは不可解であると思われる方は、こういう背景があることも承知しておいてほしいのです。しかも、このシェルダン・ナイドル氏のチャネリング・メッセージは実に具体的で、これからのアメリカを中心にした未来予測に於いて無視できない内容なのです。

以下はこのシェルダン・ナイドル氏のシリウスからのメッセージに基づいて作成した今後の世界情勢の分析・予測です。いま、ほとんどの、人類だけによる未来予測は、的が外れていると言えます。なぜなら、オバマ大統領によるETの存在の真実発表と、イルミナティによる隠蔽とすべての面での歪曲が表面化しつつあり、それらを無視しては本当の意味で世界情勢の予測は不可能だからです。 

今後の経済システム   

①金や銀などの貴金属に裏付けられた完全な「金本位制」と透明な金融システムへの移行・稼動。モデルはバングラデシュのグラミン銀行。

②アメリカではFRB(連邦準備制度理事会)と国税庁(IRS)の廃止。およびワシントンDCを代表とするアメリカ株式会社の解体。

      今後の地球の運営体制

③無数の成文法の無効化と合衆国憲法の回復。

④アメリカは権限を縮小された小さな政府に集約される。⇒米国は平和に専念し、軍隊を世界各国に派遣しない。⇒すべての海外軍事基地を放棄。⇒残る基地は、第二次大戦前の13箇所に縮小。

⑤アメリカはヨーロッパやアジアの警察官になる事は決してない。

⑥アメリカは韓国から撤退する時、南北統一を支援する。

⑦日本とドイツから米軍の全面撤退を実行する。(このため、普天間基地を云々する事は意味がない。)

⑧中国はチベットから撤退。インド、パキスタン、アフガニスタンの国境線は引き直す。

⑨アフリカの植民地支配を停止。

       地球の単一政治組織化

⑩国連の再編。この際金融関係者は徹底的に排除する。

⑪世界は公的政府と民間企業、市民団体との間で締結される新しい契約に基づいて運営される。その際、法律=憲法(国連憲章など)の前文に必ず十分な福祉を提供する事を前提とすることを義務付ける。

⑫地球市民一人ひとりが互いに対して責任を持ち、助け合い、思いやり、一人ひとりが主権を有する社会とする。

⑬地球は生きており、地球自身の創造力を上手く活用し、資源を使いこなす。⇒隠され、抑えられてきた医療や科学技術を公表し、エネルギー問題や、海洋汚染、大気汚染を解消。⇒地球規模で支援体制を構築。⇒相互に関係ある企業同士のネットワークを構築。⇒流動的な集団運営と呼ばれるシステムを構築する。

⑭独立した仲裁機関の創設。⇒危機に対処できる機能を持たせる。国連の新しい役割は、平和を推進し、国際的な調和を確立するためだけに活動を限定する。⇒ハワイの問題解決の秘法・ホ・オポノポノの原理を関係者全員に習熟させ、様々なツールを活用してその手法を完全に理解させる。

その他

⑮各主権国家間の負債を解消し、積極的で好奇心旺盛な幅広い知識を持つ市民を公的機関に登用する。

⑯地球市民一人ひとりの目覚めを促し、幼児だけでなく成人も教育を徹底する。

⑰将来は国境線の消滅と貨幣経済改変(消滅)を目指す。

|

« 昨日の長崎県知事選と町田市の市長選の結果について | トップページ | オバマ大統領とダライ・ラマ14世との会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

オバマは自身で宇宙人の自覚はあるのですか?

投稿: | 2010年2月23日 (火) 21時30分

オバマ大統領がシリウス星人ですか、すごいですね~

投稿: | 2010年2月23日 (火) 03時30分

シェルダン・ナイドル氏のチャネリングが正しいと言えるのは、何故ですか?
何か当たった事がありますか?

投稿: | 2010年2月22日 (月) 21時02分

武山様の期待は分かりますが、残念ながらマシュー君は偽物です。
大半の方はそう感じています。
闇の勢力にうまく利用されている、もしくは、もともと彼らの手先かもしれません。

投稿: | 2010年2月22日 (月) 20時52分

いいとは思いますが、やはりオカルトの域は脱していないと思います。前提が、オバマ大統領による宇宙人のディスクロウジャーとイルミナティーの排斥という現実離れしたものになっています。チャネリングはなぜかアメリカ発ばかりです。世界には60億人以上いるわけですから、もっと他の国からのチャネリングメッセージの発表がなされてもいいと思います。逆にアメリカからのチャネリングメッセージには、何か意図が隠されているのではないでしょうか?疑いだせばキリがありませんが、現実はある日突然変わるかもしれません。ただ、その現実が起きればの話です。

投稿: | 2010年2月22日 (月) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33487300

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の世界情勢について:

« 昨日の長崎県知事選と町田市の市長選の結果について | トップページ | オバマ大統領とダライ・ラマ14世との会談 »