« オバマ大統領とダライ・ラマ14世との会談 | トップページ | 東京・町田市民の声 »

鳥インフル・季節性と混合で強毒化の恐れ!

 人に感染すると致死率6割以上という強毒性鳥インフルエンザウィルス(H5N1型)が人の季節性ウィルスと混ざり合うと、さらに強毒化する恐れのある事を、東大医科学研究所の河岡義裕教授(ウィルス学)と米などの研究チームが明らかにした。23日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

 H5N1型ウィルスと季節性(H3N2型)ウィルスを使い、遺伝子のすべての組み合わせ(254通り)の作成を試みた。75種類のウィルスを調べた。

 その結果、季節性の遺伝子の一つで増殖の働きを担う「PB2」を持つ22種で、それぞれのウィルスを感染させた4匹すべてが6~12日間で死んだ。その他はH5N1型と同程度(12日後の致死率50%)か、より弱い毒性だった。【関東晋慈】

 上記は毎日新聞の記事です。この東大の河岡教授の研究については、私は数年前から注目し私の過去のメールマガジンで警告を発していました。河岡教授がこの結果を悪用しているというのでは決してありません。

 そうではなく、実験室で成功したものは、学問的には実地応用が可能で、生物化学兵器としても悪用される可能性がある、という意味です。事実、この鳥インフルエンザに続いて、去年は豚(新型)インフルエンザ(H1N1型)が猛威をふるった事はご承知の通りです。この豚インフルエンザこそ人為的にばら撒かれた可能性が高いのです。そして、その手法は、航空機からばら撒く、ケムトレイルなのです。皆さんは注意しておくべきです。このようにして、感染性疾患だけでなく、ガンや痴呆症さえ原因物質が上空からケムトレイルとしてばら撒かれている可能性があるのです。

【参考】世相のウラを読む(126)合成スペイン風邪ウィルスの脅威

 平成19年1月19日の読売新聞によると、東大の河岡義裕・医科学研究所教授は、1918年に大流行し、全世界で6,000万人以上が犠牲になったというスペイン風邪の強毒性を解明するため、最近解明された高病原性鳥インフルエンザウィルスの遺伝子情報を基にしてウィルスを人工的に合成し、カニクイザルに接種してその発症のメカニズムを突き止めた、と発表した。

 私はここでハッとした。えっ、H5N1型に近いウィルスは人工合成できるんだ、と。そしてこれは初めての成功でも何でもない、という事だったんだ、と。

 これは大変な事だ、とっさに思った。読者の皆さんはその事をどう感じられただろうか。もし、私の予想が的外れだったらお許し願いたい。それは、東大医科学研究所での実験のようにH5N1型に近いウィルスの人工合成が可能なら、高病原性鳥インフルエンザウィルスのようにH5N1型の遺伝子をちょっと操作して、人に感染し得る新型インフルエンザウィルスに作りかえる事だって可能なのではないか、という予想が成り立つ。

 そして、東大にできるのなら世界のある程度の研究施設を持つ国ならどこでもできるのではないか、という予想も成り立つ。とすると、いま世界のメディアが騒いでいる、高病原性鳥インフルエンザの脅威も、簡単にウィルスの遺伝子操作によって、生物化学兵器の脅威に変えられる、ということだ。

 これから連想できる事は、スペイン風邪の脅威を言い始めた機関がどこであったか知らないが、最近急に高病原性鳥インフルエンザなるものが流行し始めたのも、なんだか胡散臭いことだ。そして、もう一つ、新型インフルエンザの大流行に備えて、「タミフル」という薬の大量備蓄の話しだ。現在タミフルの消費と備蓄量がダントツに多いのが日本なのだ。そして、当然ながらその副作用が最も多く現れているのも日本なのだ。特に子どもに多い。このタミフルを製造販売しているのは、アメリカ大統領ブッシュに極めて近い権力者(ラムズフェルド)の息のかかった会社である。

 私は疑っている。鳥インフルエンザは捏造された脅威なのではないかと。その事を奇しくも証明したのが、東大医科学研究所の実験成功である。私は一昨年の暮れから、タミフルの大量備蓄に疑問を持っていた。これも一連の流れを見ていると、薄気味の悪い「陰謀」説だって見えてくるではないか。

 ※この「世相のウラを読む」(126)は、今から3年ほど前の記事です。今読み返してみると、私の予言は見事に的中しておりますが、当時この文章は、友人の間でバカにされ、まったく問題にされませんでした。もし、多くの人が注目してインフルエンザの脅威は作られたものであり、タミフルはインフルエンザには効かない、という事をもっと多くの人が認識していたら、今回のようなワクチン騒動や、国の予算の無駄もなかったのではないか、と思うのは私だけでしょうか。

|

« オバマ大統領とダライ・ラマ14世との会談 | トップページ | 東京・町田市民の声 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 大本教の教祖の出口王仁三郎さんは、スペイン風邪のことをマッソン(メーソン)風邪と呼んでいたと、本で読んだ記憶があります。

投稿: kimi | 2010年2月24日 (水) 01時20分

仮に豚インフルエンザが人工的に散布されたものだとすれば、今回それがどうやって世界中に広まったかの分布やスピードはデータとして確実に把握されているでしょう。

日本では流行当時、いつどこで誰が、までニュースで流れていたくらいです。

今回はデータ測定のための予行演習でしょうか?

投稿: R | 2010年2月24日 (水) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33505999

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフル・季節性と混合で強毒化の恐れ!:

» 新型インフルエンザ 副作用 対策 [新型インフルエンザ/豚インフルエンザ]
立命館宇治野球部インフルでフライング!?選手だけ特別の波紋 ... 汐崎澄夫校長、1172人)の野球部員11人が、選考基準となる昨年秋の近畿大会直前、新型インフルエンザ対策として、保護者の医師から予防薬「リレンザ」投与の便宜を特別に受けていたことが24日 ... 副作用が小さいのが特徴で、2004年のタミフルに続き ...(続きを読む) 鳥インフル・季節性と混合で強毒化の恐れ! ... そして、もう一つ、新型インフルエンザの大流行に備えて、「タミフル」という薬の大量備蓄の話しだ。現在タミフルの消費と... [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 00時55分

« オバマ大統領とダライ・ラマ14世との会談 | トップページ | 東京・町田市民の声 »